便秘だと腹痛を起こす?

便秘

 

便秘による腹痛

便秘になるとよく「お腹が痛い」っていう方がいますよね。これは腸内に排便されない便が溜まった事が原因というよりもは、そのことによりガスが溜まってしまう事がお腹を圧迫して腹痛を起こしている事が原因だと言える様です。何故ガスが溜まるのかと言うと、便が腸内に溜まってしまい腸管を塞いでしまうはずです。こうなるとガスがそこから先に抜けなくなってしまう為、そこに溜まってしまうと言う事になるのです。こうした症状は急性的な便秘で起こることは殆ど無く、慢性的な便秘で起こる場合が多い症状だと思います。特に予防や解消方法を実践していない場合には症状が重くなってしまい事も有ります。これを放っておいてしまって、ガスが腸内に充満してしまったりすると膨満感といったいつでもお腹が張っている状態になったり、腹部が刺激されてしまいますので腹部だけじゃなくて胃や脇腹の方にまで痛みが広がっていく様になるのです。軽い内はまだ良いのですが、症状が酷くなると日常生活が普通に送れなくなる位痛みが起こる事も有るではないでしょうか?便秘による腹痛は便がたまった場合、言うことよりは、ガスが溜まるということが原因ですのでガスを出来るだけ抜く様な処置をしなくてはなりません。また常普段ガスが溜まらない様に予防する必要が有ります。そして更にやってはいけないのがおならを我慢することによりす。お腹にガスが溜まると言う事はおならをしてガスを少しでも抜く様にしなくてはいけません。女性なら恥ずかしくておならを我慢したい気持ちは分かりますが、便秘による腹痛を感じているのであれば出来るだけ我慢しないで出す様にしましょう。

 

 

高齢者の便秘について

高齢者だったら、便秘の予防もした方が良いのですが便秘に既になっている場合は病気が併発されていないかどうか気を付けなくてはなりません。特に便秘の場合は病気予防の為にも大腸ガン等、大腸の内視鏡検査を行うなどした方が良いですね。その上で病気が無いかどうか確認した方が良いと思うのです。特に高齢者の中でも痴呆が少し入ってきてしまう様になってしまった場合便意自体に感付かなくなってしまい、放置してしまってしまった結果、便秘になってしまうと言うことも有りますので気をつけて見ておく必要が有ります。高齢者のケースではで病気が無くて便秘が起きているケースでは、病気予防のためにも決まった時間に毎日排便する様に習慣付ける必要が有ります。では高齢者の便秘で特に注意しなくてはいけない事ってなんでしょうか?
便秘には食物繊維が良いと言われていますよね。高齢になってくると歯が悪くなってきてしまいますので柔らかい物ばかりを口にする傾向が出てきます。消化機能も低下している事もあり、更に食物繊維が不足していると便秘になってしまいますのでほんの少しでも食物繊維が有る物を食べ、少しでも歯応えが有る物を食べる様にしましょう。また水分はしっかり摂取する事が重要でしょう。トイレに行くのが面倒になって水分を摂らない様になってしまう高齢者の方が多いのです。水分不足は脳梗塞や心筋梗塞等を引き起こしてしまう原因ともなりますので、水分は積極的に摂る様にしましょう。また牛乳を飲む事によって高齢者に必要なタンパク質等を摂取出来ます。後はトイレに行ってたいと思ったんだったら我慢しないで行く様にする事も大切です。