便秘解消に下剤は効果がある?

便秘

 

下剤を使用して排便させる

下剤に含まれている成分で代表的な物は酸化マグネシウムと言う成分になります。この成分が入っていると便を柔らかくすることでくれる働きが有りますので、お通じをスムーズに促してくれる様といわれているようです。また副作用が少ないと言う事も有って比較的不安がなく使って頂ける下剤だと思います。どれだけ予防や解消方法を試したとしても便秘が悪化してしまう事は有ります。それは予防方法や解消方法が自身の便秘に合っていないからだと思いますが、悪化した便秘を放っておいてしまうというのは身体に悪いですので、ちゃんと排便させる様にしなけれねダメなのです。その1つの方法としてお勧めなのが下剤なのです。酸化マグネシウムが入っている下剤を使う事で便を柔らかくしてくれて、腸内を塞いでいたガスを通りやすくしてくれる様といわれています。こうした効果が有る物を機械性下剤と呼んでいますが、腸に直接刺激を加える刺激性下剤とは違い作用が穏やかなのが特徴的です。使用当初は本当に効果が有るのかと疑いたくなるのですが、徐々にその効果を発揮していきますのであせらずじっくり腸内環境が整うのを感じていきて下さい。そうする事で張っていた腹部が徐々に張らなくなってきて、腹痛といった症状も軽減されてくる様になります。ただしこの機械性下剤はどなたでも服用できると言う物ではないものです。マグネシウム系の薬は腎臓病等の病気を持っている場合は服用出来ないので注意が必要です。もし持病をお持ちで便秘に悩まされているというならば、医師に相談して下剤を処方してもらう等の対処をする様にしましょう。

 

 

下剤に依存しない様にしましょう

下剤を使用して今の症状が緩和される様にして便秘の解消をしている事が癖になってしまうと段々と下剤に頼らなければ排便出来ない様な身体になってしまうそうです。特に短期間であればまだ良いのですが長期に渡って習慣的に服用していると、身体がその刺激に慣れてしまって最初に飲んでいた下剤では効果が出なくなってしまいます。そうなると服用量が増えたり、強い薬に変えたりする様になって下剤に依存している状態になってしまいます。それが続くと更に、薬が効かなくなって更に強い薬にと悪循環となってしまうようです。こうなってしまうと下剤無しではいられなくなってしまうのです。下剤が無いとダメと言う事は常に下剤を持ち歩かなくてはいけない事になり、薬に縛られてしまう様なのです。当たり前ですが排便が自力でできない理由は下剤に頼っているからだけではないのです。生活習慣が乱れていたり食生活が乱れていたり、ストレスが溜まる生活をしていたりするとやっぱり腸の機能が低下しますので便秘になりやすいとなっているのです。これでは良くなる物も良くならないでしょうよね。
便秘予防の方法や解消の方法を調べてみたところ大抵は薬に頼らないで食生活やマッサージで自力で排便する様に促す方法が書かれていることでしょう。こうした方法を実践する事で自分が便秘知らずの身体に近付いていけると言う訳ですね。その為にも予防は本当に大切になりますので是非した方がいいでしょう。また自分で排便が可能な様に直ぐに下剤に頼らない様にして下さいね。