便秘が原因で死亡するのでしょうか?

便秘

 

便秘が原因で死亡するのでしょうか?

たかが便秘、皆なってるんだからと放っておいても大丈夫と考えている人が意外にも多い様に思えます。でも稀に便秘が重い病気を引き起こす事が有るのようです。それだけじゃなく便秘のせいで死亡してしまった事例も有りますので、たかが便秘と楽観視はしてはいけません。ですから便秘で悩まされている方は解消に向けて、便秘になっていない人も予防をする様にしてほしいのです。便秘が原因で亡くなった事例は、20歳そこそこの女性が便秘で腸閉塞を引き起こして亡くなってしまったと言う物です。1998年に起きたになるのですが知っている人も多いのではないでしょうか?腸閉塞は大腸が癒着してしまい、腸の動きが止まってしまうことを指しています。その為に腸に便やガスがたまってしまって外に排出できなくてお腹が苦しくなり膨らんでしまうのです。軽い場合には絶食をすると治る事もあるのですが、最悪の場合は手術をしなくては治らないといったことも有るとなるでしょう。便秘で1年も前から苦しんでいたのにも関わらず病院に行かなかった事も症状をひどくしてしまった原因の1つですよね。これが酷くなって嘔吐や腹痛を引き起こしたのです。この様に便秘はたかが便秘と侮ってはいけないもので、ちゃんと病気と見なして病院に行く様にしなければならないのです。また普段から便秘にならない様に生活習慣を整えたり食生活を整えたりして便秘予防にも努めた方がいいですね。便秘で死亡することも有るのだということもをきちんと認識しておきましょう。