便秘を解消する食べ物とは?

便秘

 

便秘予防【食べ物】

「食べ物」でも便秘解消や便秘予防が出来るみたいですね。特に便秘予防で有名なのは食物繊維となるでしょう。食物繊維と言うのは腸内の水分を吸収してくれるので便がスムーズに排出しやすい硬さにしてくれるのです。また食物繊維が水分を吸収してくれる事で膨張しますので便の量も増やしてくれる効果が有ります。更に食物繊維が入る事で腸を刺激してくれるので腸の活動が活発化されるのです。そうすると排泄もスムーズにできる様に促進効果が期待できる様になります。食物繊維が含まれた食材としてはごぼうが有名ですよね。その他にも玄米や胚芽米等の穀類、ゴボウや大根等の野菜類、じゃがいも等の芋類、納豆や大豆等の豆類、ワカメや昆布等の海藻類、バナナやミカン等の果物類等が挙げられます。このなかでもオススメは豆類です。食物繊維が豊富に含まれていますので積極的に摂る様にすると良いですよ。便秘予防の為にはせめて1日25gは摂る事が望まれます。その他には腸の動きを活性化させる様な食べ物を摂取する様にします。ヨーグルト等の乳酸菌は腸内環境を整えてくれます。ヨーグルトの他にはチーズ、味噌、漬物等が良いようです。腸を刺激してくれるのはクエン酸等は果物類が良いですね。
こうした食べ物を偏らずにバランス良く食べる事が重要になります。バランスよく食事を摂ると言う事は規則ただしい生活を身に付けたら言う事でも有ります。こうなると排泄も毎日規則正しく出来る様に身体が変わっていきますので便秘の解消や予防に繋がります。

 

 

赤ン坊も便秘になる

あまり意識していないかもしれないですが、赤ちゃんも大人の様に便秘になりやすい傾向に有りますので注意をする必要が有ります。あかちゃんは生まれたばっかりの時は筋肉量が如何しても少ないですよね。このために便を排出する力も弱いです。更に水分をしっかりとっていたとしてもほとんどおしっことして排出されてしまいますので、水分不足になってしまってやすいかもしれませんね。またまだ身体が成熟しきっていないので消化機能が未熟と言う事も有り、離乳食を食べ始める頃になると消化を上手くできない為に便秘になりやすくなるとも言われていますね。赤ちゃんでも便秘になりやすいのは母乳を飲まなくなった時期からなのですね。母乳って凄く栄養価が高い飲み物です。この中には善玉菌がたくさん含まれていますので腸内環境を整えてくれやすいになるものです。ですから便秘予防の為にも母乳を飲ませる様にするのが良いのです。こうした状態で4〜5日以上排便をしない場合には、一度病院で専門医に診せた方が良さそうですので常に赤ちゃんの状態をチェックする様になさって下さい。赤ちゃんが便秘にならない様に予防策や解消策としては、大人と同じ様に腸に刺激を与えてあげると効果的です。お腹を時計回りにマッサージしたり、食物繊維が入った離乳食をあげたり、乳酸菌が含まれた物をあげたりすると良いと思います。但しあげ過ぎには注意して下さいね。また赤ちゃんって体温が高いですので水分補給もしっかり行う様にしましょう。