朝のコップ1杯の水が便秘解消に効果がある?

便秘

 

朝1杯の水が便秘予防に効果的

水分を摂取する事が便秘解消や便秘の予防によいと言う事は知っている方も多いでしょうが、特に朝飲む1杯の水が効果が期待できるって事はご存知でしたでしょうか?朝起きて、先ず冷えた水や牛乳を1杯飲む。これが腸を刺激してくれて動きを活発化させてくれるのです。腸が刺激されると蠕動運動が活発化してきます。そのお陰で便意を感じる様になり、排便に至るといったわけなのです。これだったらいつでも良いんじゃないかと思ってしまいますが、特に朝が刺激を受け易いと言う事なので朝に飲む事をオススメしたいのです。また朝に水分を摂取するというのは便秘の予防や解消の為だけではありません。人間は寝ている間にコップ一杯分の汗をかいていると言われています。ですから朝には体内の水分が減っている状態でもあるのです。それを補給する為にも朝起きがけの1杯はとても大切なのです、腸内に溜まった便は水分が吸収されやすく、硬くなり易いです。そうなると便が出にくくなってしまいますので柔らかくするためにも水分は必要となります。そして是非して欲しい事がストレッチ(ストレッチングともいいます。筋肉をあえて伸ねすことで、その筋肉の柔軟性を高めます)ですね。ストレッチは身体を起こしてあげるのと同時に、腸も筋肉から刺激してくれるでしょうので排便をより快適に出来る様に促してくれます。こうした事を続けていくと、排便がしやすい身体作りが出来てきますから、便秘解消・予防に大いに貢献出来る様になります。また健康にも良いなので是非朝1杯の水を飲む事を習慣にして欲しい方法なのです。

 

 

根本的な所から便秘を治した方がいいのです

よく便秘薬を使って便秘を治すと言う様に考えている方が多いですが、下剤等の便秘薬を使っても一時の症状を緩和させてくれるだけで、根本的に便秘を治してくれる薬ではないのです。当然ですが便秘薬を飲む事て今有る腸内にたまった便を排出してくれて楽にはなるものの、時間が経てばまた同じ様な便秘の状態になってしまいます。これは既に便秘体質(遺伝や環境にも左右されますが、本人の努力次第で変えられることもあります)の身体になっていることが原因となります。便秘を治すと言う事は便秘にならない様な体質作りをするという事もになるのです。ですから便秘予防や便秘解消の方法も体質改善を目的とする物が多い様に見受けられるでしょう。結局の所便秘薬は今有る症状を一時的に緩和させてくれているだけにすぎないのです。また便秘薬を使用すると、無理やり腸を刺激して排便を促しているので、腹痛や下痢と言った症状を引き起こしたり、腸管に炎症を起こしてしまったりする事も考えられます。これを使い続けていると便秘薬により起こった症状が更に、起こる様になり、思わぬ病気を引き起してしまう可能性も有ります。そして今有る便秘薬だけでは効果が得られなくなり、更に、強い効果が有る便秘薬を求める様になるのです。これでは何の為の便秘薬なのか分かりませんよね。便秘薬は本当にどうしようもない時にだけつかって、日常から使わない様にした方が良いと思います。そして通常は便秘にならない様な身体作りをする様に、根本的な所から便秘を治していく様に予防に解消にと努めていって欲しいのです。