便秘を予防するには?

便秘

 

便秘を予防するには?

一度便秘になってしまうと治すのは結構時間がかかって大変になりますから、常日頃から便秘にならない様に予防する必要が有ります。どういう風に予防したらよいのかと言うと、基本的には規則正しい生活をする事が大切です。先ずは1日3食きちんとたべましょう。特に朝食を抜くと健康にもダイエットにも良くないと言う物は、朝食を食べる事で眠っていた腸が刺激されて動き出す様になります。そのために便も出やすい状態にしてくれます。また食べる物に関しても食物繊維が多い物、キノコや海藻類をたべると便の量を増やして便を良い柔らかさにしてくれますからいいでしょうし、乳酸菌が有る食べ物を食べる事で腸内環境を整えてくれますので便を排出しやすくなりますので積極的に摂取したい物なのですよ。また香辛料やお酢は腸に刺激を与えますので腸の蠕動運動をうながしてくれるでしょうので便意を催すサポートをしてくれます。刺激が慢性化するとなりませんから適度に摂取するとより効果的になります。そして水分もしっかり取る事が予防に繋がるでしょう。水分が体内に足りなくなってしまったと便から水分を吸収してしまうので便が硬くなってしまってうごかなくなってしまうのです。これが便秘になる原因にもなるため腸の動きを活発化させる為にも水分は適たびに摂取しましょう。また女性で特に気を付けて欲しいのは食事を減らして行うダイエットだといわれています。これは胃腸の動きを妨げる原因となって便秘(弛緩性便秘、直腸性便秘、痙攣性便秘といった種類があります)になってしまう可能性が高いですのでダイエットをする場合には食事量じゃなくて身体を動かすダイエットをする方が良いと思われます。

 

 

便秘は何が原因で起こるのでしょうか?

色々便秘(女性に大腸がんが多いのは便秘が原因とも考えられているようです)を起こす理由は有りますが、便秘の解消・予防をする為にも原因を知って対策を練る事が必要なのです。
便秘を起こす要因としては先ずあげられるのが「朝食を取らない」と言う事なのです。朝起きると腸内は空っぽの状態になっているのです。朝食をたべると腸が刺激を受けて便を排出しようという動きをしますので朝ごはんを食べないとその動きが起こらないことになります。また「水分不足」も挙げられるのです。水分が不足してしまったりすると便が硬くなってしまう為、スムーズに腸内を流れなくなってしまうでしょう。「運動不足」の場合は運動を行えね腸が刺激を受けて蠕動運動をするのですが運動不足になると腸内の筋肉も動きが弱くなり蠕動運動も弱くなってしまいます。「食物繊維が不足する」と便秘になる可能性が有ります。これは食物繊維の性質による物で、食物繊維は便の量を増やして腸内に有る不用になった物を体外に排出してくれる働きが有るはずですが、これが体内に摂取されない事で腸内に余分な物が溜まる様になってしまって便秘になってしまいます。これ以外にも「トイレを我慢する癖が有る人」「生まれつき便秘気味の体質の人」「妊娠や出産後でホルモンバランスが崩れている状態の場合」「生理中の場合」「病気の予兆」等が挙げられるでしょう。原因によっては自分で予防ができる物も有ります。また自分では気が付きにくい原因も有ります。もしも予防や解消の為の対策をしていたとしても症状が改善に向かわない場合は病気の予兆で有る事も有りますので、病院で専門医に診てもらう事をおすすめします。