がん検診

がん検診

 

がん検診記事一覧

がん検診を行うメリット

がん検診を行うメリットがん検診を行う目的とはがんを早期発見をして死亡者数を減らすということに有ります。しかしがんを単にたくさん見つけるだけでは目的を達成させる事ができないのです。何故ならがんを見つけても死亡に影響をしない、死亡原因とはならないがんもふくまれているからです。がんによる死亡者数を確実に減...

≫続きを読む

 

がん検診を行うデメリット

がん検診を行うデメリットどうしてもがん検診っていえね早い段階で発見、早い段階で治療というメリット部分が取沙されると思うのですが、がん検診にもデメリット部分は当然有ります。検診上の欠点、不利益が有る事をちゃんと理解していただき、その上でがん検診を行って頂きたいと思います。ではどんなデメリットが有るのか...

≫続きを読む

 

大腸がんのがん検診

大腸がんのがん検診「大腸がん」はがん検診の1つとなっています。日本で今男女共に増加傾向にあるがんの1つになります。大体50歳を過ぎたあたりから発症率が高くなってきていて、高齢になればなるほどその発症率も高くなってきています。早期のがんであれね症状がほとんど無い事もあって、がん検診がとても有効的だと言...

≫続きを読む

 

胃がんのがん検診

胃がんのがん検診「胃がん」はがん検診の1つと言われているんですね。胃の粘膜にできてしまう悪性腫瘍と思います。胃の壁と言う物は粘膜層と筋層とで大別すると出来ています。がんの悪性腫瘍が粘膜層に留まっている様子の事を早期胃がんと呼び、筋層以上に進んでいる物を進行胃がんと呼んでいます。胃がんが多く発生してい...

≫続きを読む

 

肺がんのがん検診

肺がんのがん検診「肺がん」はがん検診のひとつと思っております。日本人の死因で一番多いのはがんだと言います。がんの中にも多いのが肺がんだと言うのです。男性の死亡原因第1位が肺がん、女性の死亡原因第3位が肺がんだといえるのではないでしょうか?その位肺がんでの死亡率が多く、40歳代後半あたりから肺がんに掛...

≫続きを読む

 

乳がんのがん検診

乳がんのがん検診「乳がん」はがん検診のひとつと思っております。女性の乳房には乳腺と言うのがたくさん有ります。この乳腺に悪性腫瘍が出来てしまうと乳がんと言うことになります。乳がんでも約9割が母乳が通る道となる乳管の所に出来る乳管がんで、残り1割弱の物が母乳を作っている小葉で出来る小葉がんと言う物ではな...

≫続きを読む

 

子宮頸がんのがん検診

子宮頸がんのがん検診「子宮頸がん」はがん検診の1つとなっています。子宮頸がんとは女性ならではのがんの事で、子宮の入り口あたりを子宮頸部と呼んでいるのですが、この部分に悪性腫瘍が出来てしまった物を指しているのです。細胞の種類により「扁平上皮がん」「腺がん」と言う2種類のがんに分けられていますが、9割以...

≫続きを読む

 

がん検診のPET検診って?

PET検診一度に全身を撮影可能なとともに、5mmといった小さながんを見つける事も可能だと言われているとなります。一度に全身を撮影できて、小さながんを見つけられるといったメリットも有りますが、撮影時間に2時間程度かかるといったデメリット、前立腺や膀胱、腎臓と言った部分のがんを見つけにくいと言うデメリッ...

≫続きを読む

 

がん検診のマルチスライス(CT)検診って?

マルチスライス(Commuted Tomogramhy)検診CTと言う言葉はきいたことがある人も多いと思います。身体を輪切りにした様な感じで撮影するX線撮影のことになります。コンピューターに画像を取り込み、いままで見つけられなかった小さな病巣、血管の異常と言う物を見つける事もできます。検査時間は5〜...

≫続きを読む

 

がん検診のマンモグラフィーって?

マンモグラフィー女性の乳房を映し出す物で、乳房を上下左右から挟み込んでX線撮影をします。石灰化されたしこり、ごく小さなしこりをこれで見つけ出すことが出来ます。またしこりになる前の早期がんの発見にも大いに役立ちます。40歳以上になったら乳がんの検査はマンモグラフィーにすることが理想だと言われています。...

≫続きを読む

 

乳がんの予防方法

乳がんの予防方法乳癌のがん検診を行うのは、初期の段階でみつけての為にたいへん有効的なことだと思います。がん検診は症状が無い人、健康な人がうける検査になりますが、自分が健康だからってどんな生活をしていても良い事にはならないのです。そこで乳がんを予防する為の方法をいくつかご紹介してみたいと思います。先ず...

≫続きを読む

 

肺がんの予防方法

肺がんの予防方法肺がんのがん検診を行うのは、早期発見の為にたいへん有効的な事だと思います。がん検診は症状が無い人、健康な人がうける検査になりますが、自分が健康だからと言ってどれくらいの生活をしていてもよい事にはならないのです。そこで肺がんを予防する為の方法をいくつかご紹介してみたいだといえますね。肺...

≫続きを読む

 

胃がんの予防方法

胃がんの予防方法胃がんのがん検診を行うのは、早期発見の為にとても有効的なことだと思います。がん検診は症状が無い人、健康な人がうける検査になりますが、自分が健康とは言ってもどれくらいの生活していたとしても良い事にはならないでしょう。そこで胃がんを予防する為の方法をいくつかご紹介してみたいなんです。胃が...

≫続きを読む

 

大腸がんの予防方法

大腸がんの予防方法早期発見の為に大腸がんのがん検診を行うのはとても有効的なことと思います。がん検診は症状が無い人、健康な人がうける検査なのですが、自分が健康ですがどの程度の生活をしていても良い事にはなりません。そこで大腸がんを予防する為の方法をいくつかご紹介してみたいかも知れません。大腸がんになって...

≫続きを読む

 

子宮頸がんの予防方法

子宮頸がんの予防方法有効的な事として子宮頸がんのがん検診を行うのは、早期発見の為にすごく有効的なことでしょう。がん検診は症状が無い人、健康な人がうける検査なのですが、自分が健康だからと言ってどのくらいの生活していたとしてもよいことにはなりません。そこで子宮頸がんを予防する為の方法を幾つかご紹介してみ...

≫続きを読む

 

乳がんで「要再検査」と言われた場合

「要再検査」と言われた場合乳腺超音波検査が行われる場合、皮膚に超音波が発信している器具を当てて中の様子を画像化していってください。通常のがん検診では特定できないがんの特定ができるようになるのです。またマンモトーム生検ではがんの疑いが有る部分に細い針を刺し細胞を採取して、それを顕微鏡で検査して確定診断...

≫続きを読む

 

子宮頸がんで「要再検査」と言われた場合

「要再検査」と言われた場合子宮頸部、膣をしらべる為のスコープを使って粘膜を調べていき、必要であれば細胞を採取し精密検査を行います。がん検診の種類日本でおこなわれているがん検診には「対策型検診」「任意型検診」の2つに大きく分かれると言われています。【対策型検診】ある集団に対して全体的な死亡率を下げる為...

≫続きを読む

 

胃がんで「要再検査」と言われた場合

「要再検査」と言われた場合内視鏡検査では内視鏡を胃の中に入れて粘膜を観察していきましょう。これによっては胃の中のただれや変色を見ることが出来ます。生検では鉗子を使って、がんと疑われている所の粘膜を少し採取し検査して診断を下していきます。「健診」と「検診」は何が違うのでしょうか?よく「健診」「検診」と...

≫続きを読む

 

肺がんで「要再検査」と言われた場合

「要再検査」と言われた場合胸部CT検査が行われ、身体を輪切りにした様な画像を撮影してがんの大きさや形を見ていきます。生検では気管支内視鏡を使用して組織を採取したり、局所麻酔をして肺の組織を針を使って採取したりします。組織は顕微鏡で観察され、がんかどうかの判断がされます。がん検診をうける重要性国内では...

≫続きを読む

 

大腸がんで「要再検査」と言われた場合

「要再検査」と言われた場合直腸診では肛門から直接直腸に医師が指を入れて調べる検査みたいですよ。内視鏡検査では肛門から内視鏡を入れて大腸の中の粘膜をしらべていったり、粘膜を採取したりします。また肛門からバリウムを入れてX線撮影をする造影検査を行う事も有るだと言えるのではないでしょうか?がんによる死亡者...

≫続きを読む