大腸がんのがん検診

がん検診

 

大腸がんのがん検診

「大腸がん」はがん検診の1つとなっています。日本で今男女共に増加傾向にあるがんの1つになります。大体50歳を過ぎたあたりから発症率が高くなってきていて、高齢になればなるほどその発症率も高くなってきています。早期のがんであれね症状がほとんど無い事もあって、がん検診がとても有効的だと言う事です。

 

大腸がんに関しては大腸の粘膜のあたりにできる悪性腫瘍の事で、発生する部署によってはそのがんの種類が分けられます。上行結腸がん、下行結腸がん、横行結腸がん、S状結腸がん、直腸がんと言う感じです。その種類によっても手術の方法、術後の生活の仕方等が変わってくるそうです。

 

元々大腸がんを発生する場所はS状結腸から直腸に出来る場合が6〜7割位だったのですが、近頃では上行結腸あたりのがんも増加傾向にあるそうなのです。大腸がんになった場合の症状としては、便に血が混じって出てくる血便、肛門から出血している下血、便秘や下痢という様な便通異常、便が細い便柱狭小、便が全部出ていない感じがする残便感、貧血、お腹のしこり、吐き気等が挙げられるそうです。

 

大腸がんになりやすい人の特色として、大腸ポリープになった事が有る人があげられるのです。大腸内にポリープが発生する場合からがんに発展することも有るだと言われているのです。また大腸がんになった人が血縁者の中にいる場合も要注意です。

 

がんと言うのは遺伝子の異常から起きる様で、その中でも大腸がんには遺伝が多く関係しているだといえると思います。また食生活が高たんぱく質や高脂肪の物を中心として欧米化の食生活をしている人も危険だと言われています。こうした事から大腸がんの発見を早期にしますのでにがん検診をするようにオススメしたいではないでしょうか?

 

 

大腸がんのがん検診を受ける際の注意点

大腸がんのがん検診をうける際の注意点ですが、検診時に今までかかった事が有る病気が何かとか、血縁者で大腸がんになった人がいるかとか色々聞いてきますので、予め事前にしらべておくと良いのです。

 

またがん検診では便潜血検査を行うのですが、痔で出血をしてる方、月経中の方は血が混ざってしまって陽性反応が出る事が有りますので控える様にした方が良いのでしょう。また検査を正確に行う為にも、採便した後の便は冷蔵庫の様な冷暗所に保管しておく様にしてくださいね。また早目に検査の所に持っていく様にした方がいいですよ。

 

大腸がんのがん検診をうける意味として、大腸がんは早期の場合症状が出ないと言う事が挙げられるでしょう。無症状の内にがんやがんの疑いが有る人を探し出すのががん検診の目的で有ります。その目的を達成する為に便潜血検査が凄く有効的な検査方法かも知れません。

 

便潜血検査では便が大腸内にあるがんやポリープ等に触って付いたと思われる出血を確認する為に行われます。大腸がんは他のがんと比較してみると完治しやすいがんだと言われています。早期発見、初期の段階で治療であれば治療後の五年生存率は90%以上も有ると言われているのです。

 

その治療も内視鏡を使ってポリープを切除するだけといった簡単な物です。ちかごろでは腹腔鏡と呼ばれるお腹を切らないで、ちょっとした穴を開けるだけで出来る手術方法も有るのです。こうした事から、大腸がんのがん検査は定期的に受けた方が良い検査だと言う事がお分かり頂けると思います。