大腸がんで「要再検査」と言われた場合

がん検診

 

「要再検査」と言われた場合

直腸診では肛門から直接直腸に医師が指を入れて調べる検査みたいですよ。内視鏡検査では肛門から内視鏡を入れて大腸の中の粘膜をしらべていったり、粘膜を採取したりします。また肛門からバリウムを入れてX線撮影をする造影検査を行う事も有るだと言えるのではないでしょうか?

 

 

がんによる死亡者数を減らす為には

がんによる死亡者数を減らす為には、がん検診がとても有効であると言われています。しかしそれだけでは駄目で、その他にも色んな条件が必要だと言われているんです。

 

がん検診をする為には多くの人を対象として行う事ができる検査方法が有る事が条件となります。がん検診を行う為に特別な施設に行かないとダメだとか、専門家じゃないと検査が出来ないとか実施するだけで大変な方法ではがん検診にとって最適な条件とは言えません。

 

がん検診を行う為の医療機器、検査を行う医師等も充分に確保されている事が条件と言えるでしょう。そしてがん検診の為の検査が安全である事も条件になっているでしょう。検査を行う事で予期しない合併症を起こす可能性が有ります。健康な方を対象に行われるがん検診に対して偶発症は出来れば避けたい所です。

 

それゆえに安全な検査方法であることががん検診に取って必要な条件という点もになるのです。そしてその検査の精度が高い事も条件として挙げられます。がん検診はそのがんを放っておくと死にいたるがんに対して行っていますよ。

 

しかしがん検診をして死亡に至らないがんを見つける事も多々あります。死亡に至るがんを見つける事、それに対して精度が高い事が要求されるのです。そして発見されたがんは早期治療ができる方法が有る事が目的でも有ります。

 

治療法が確立されていないと死亡数を減らす事が出来ません。こうした条件を満たす事によりがん検診は有効的になってしまったらみて良いのだと思うのです。