大腸がんの予防方法

がん

 

大腸がんの予防方法

早期発見の為に大腸がんのがん検診を行うのはとても有効的なことと思います。がん検診は症状が無い人、健康な人がうける検査なのですが、自分が健康ですがどの程度の生活をしていても良い事にはなりません。そこで大腸がんを予防する為の方法をいくつかご紹介してみたいかも知れません。

 

大腸がんになってしまいがちな人の特徴として、食生活が欧米化してきた事が挙げられるでしょう。コレステロールの取り過ぎや、動物性脂肪の取り過ぎが大腸がんを引き起こす原因の1つとも言われているのです。

 

その為にお肉を中心とした欧米化の食生活から日本本来の和食中心の食生活に戻し、食物繊維をたくさん取る様に心がけ、バランスが良い食事の習慣をする様にする事が大切となります。またお酒の飲み過ぎは大腸がんの中でも直腸がんポリープががんになってしまうことが多いといわれています)を引き起こす原因のひとつであるとも言われています。

 

そのために飲み過ぎは控える様にすることが大腸がん予防の方法と呼ねれているのです。そして予防という観点で大腸がん検診を定期的にうける様にする事をおすすめしたいだといえるでしょう。一次検診は便潜血検査になります。

 

便を取って受付に出すだけで良いんです。大腸がん盲腸、結腸、直腸、または、肛門管に発生する癌の総称です)検診はお住まいの市区町村や職場で年1回行われていますよね。四十歳以上になると案内が来ますので受ける様にした方がいいでしょう。

 

大腸がん検診は通常2回採便をしますが、その中で一回でも陽性反応が出たら二次検診で有る大腸内視鏡検査精密検査)を診察を受ける様にしましょう。それこそが大事に至らない大腸がんの予防わけです。