がん検診を行うデメリット

がん検診

 

がん検診を行うデメリット

どうしてもがん検診っていえね早い段階で発見、早い段階で治療というメリット部分が取沙されると思うのですが、がん検診にもデメリット部分は当然有ります。検診上の欠点、不利益が有る事をちゃんと理解していただき、その上でがん検診を行って頂きたいと思います。ではどんなデメリットが有るのか挙げてみたいといわれているようです。

 

がん検診をすると身体の中に有るがんが必ず見つかると思われがちですが、どんなに優れた検査を行ったとしても100%がんが見つかると言う保証は有りません。がんは早期過ぎて小さい物だと見つけられないと言う事も有ります。

 

これは全ての検査に当てはまる訳ではなく、がんの種類、がんの検査の精度度合いにより変化するものです。がんの形が見つけにくかったり、がんができる場所が見つかりにくい場所で有れば精度も当然落ちてきます。こうした見逃しが有ると言う点も頭に入れておかなくてはなりません。

 

またがん検診によって不必要な治療や検査を行う可能性も出てくるのです。検診をしてある疑いが有る物が見つかった場合、精密検査を行う必要が出てくるのです。がんになるかならないかはがん検診だけじゃ分からなくて精密検査をしてみなくては駄目と言う事も有ります。

 

結果陰性だった場合、こうした検査は不必要だったと言うことになり、デメリットと言う事になります。またがん検診をする事によって偶発症を引き起こしたり、受ける人の心理的不安は大きい物になってしまった場合には言うデメリットも有ります。