肺がんのがん検診

がん検診

 

肺がんのがん検診

「肺がん」はがん検診のひとつと思っております。日本人の死因で一番多いのはがんだと言います。がんの中にも多いのが肺がんだと言うのです。男性の死亡原因第1位が肺がん、女性の死亡原因第3位が肺がんだといえるのではないでしょうか?

 

その位肺がんでの死亡率が多く、40歳代後半あたりから肺がんに掛かる人が増えてくると言われています。肺がんが何故こんなに死亡原因は高くなっているのかといいますと、肺がんは結構進行した状態で見つかる事が多いという事も、肺以外の他の臓器に転移しやすいと言うこと、治療効果がなかなか上がらないと言うことが挙げられるからです。

 

また喫煙をしている人が欧米に比べて高い事、高齢化がこれからますます進んでくる事が死亡率が高くなっている原因として挙げられる様です。肺がんもかなり症状が進行してこないと自覚症状がなかなか出てこないので、がん検診による早い段階で発見がとても大切だと思うのです。

 

そんな肺がんになる要因として最も挙げられるのは喫煙です。喫煙者の肺がん率は吸わない人と比べたらすごく高い事が分かります。また自分が吸わなくても周りの人が吸っているとその副流炎を吸う事になります。たばこを吸っているのと同じ様な危険性が出てくるといいます。

 

肺がんはかなり治療が身体や心に負担になり、耐えられない事も多い為、治療を途中で止めてしまうケースもあります。こうした苦痛を味合わない為にも定期的にがん検診を受けて早い段階で発見をする事に限るになるはずです。

 

 

肺がんのがん検診を受ける際の注意点

肺がんのがん検診を受ける際の注意点ですが、基本としては胸部のX線検査を行う事になります。ここでたばこを長期間吸っていた人はこれだけじゃ足りず、痰をとって調べる喀痰細胞診を併せて行う事が多い様です。がん検診で胸部X線検査を行いますがこれは末梢型と呼ばれる肺がんを見つけるのに有効だということになりますね。

 

また喀痰細胞診で行う検査は中心型と呼ばれる肺がんの検査に有効で、早期がんの状態でも剥がれた細胞が痰の中に含まれる事が多い為に有効であるといわれています。但しタバコを吸っていない人はこうした症状がないため、この喀痰細胞診を行うことは不要といわれているんですね。

 

肺がん検診では今までにかかった事が有る病気の履歴、血縁者の中に胃がんになった人がいるかどうかの確認等がされますので、予め血縁者の中にがんになった人がいるかどうか確認をしておくと良いでしょう。がん検診では胸部X線が基本的とは言え、医師の指示に従って喀痰細胞診も受ける様にして下さい。

 

胸部X線を撮る時ですが上半身裸になって撮る必要が有ります。これに抵抗が有ると言う方は撮影で着られるガウンが準備されている事も有りますので借りると良いでしょう。この他にも無地のTシャツを着ているのみでも撮影が出来るため、きいてみるといいでしょうよ。

 

肺がんは早くに見つけないと治療が大変ながんでも有ります。早く見つけることにより比較的楽に治療をする事が可能になるでしょうので初期の段階でみつけて、初期の段階で治療の観点によりがん検診を定期的に受ける様にしましょう。