肺がんで「要再検査」と言われた場合

がん検診

 

「要再検査」と言われた場合

胸部CT検査が行われ、身体を輪切りにした様な画像を撮影してがんの大きさや形を見ていきます。生検では気管支内視鏡を使用して組織を採取したり、局所麻酔をして肺の組織を針を使って採取したりします。組織は顕微鏡で観察され、がんかどうかの判断がされます。

 

 

がん検診をうける重要性

国内では現在死亡理由の第一位を「がん」が占めていると呼んでいるのです。年間30万人と言う多くの人ががんで亡くなっているんですね。現在の医学ではがんの予防というものは完全に行う事が出来ません。その為、早期の内にがんを見付け、早期の内にがんを治療する事が非常に重要だと考えられているのです。

 

そのために「がん検診」がとても重要性を帯びてくることが分かると思います。しかし、如何にがん検診が重要な物だとしても、実際に受けている人の数はけして多いとは言えない状況に有ります。大体受けている人は全体の1〜3割という感じですね。

 

何故多くの方が受けないのかと言うと、「自分は健康だから」「忙しいから」「がんだと言われるのが怖いから」と言った理由が多いみたいです。現在の日本においては、新たにがんになる人の数は年間50万人ともいわれていますね。

 

こうした人数から見てみても誰がいつがんになってもおかしくない状況だという事が分かると思いますからす。しかしがんになったからと言って直ぐに死亡に至るのかって言うとそう言う訳では有りありません。早期に見付け、早期に治療をする事で充分に治せる可能性は高くなるのではないでしょうか?

 

そう言う理由からもがん検診は定期的に受ける事が大切だといわれています。主ながん検診においては、国が施策として行っていますから、自治体が無料または低料金で受けられる様に促しています。各自治体から対象者の方に案内が来る事も有りますし、ホームページや広報誌をみると掲載されてあったりもしますので、情報を収集してがん検診を受ける様にして欲しいみたいですね。