肺がんの予防方法

がん

 

肺がんの予防方法

肺がんのがん検診を行うのは、早期発見の為にたいへん有効的な事だと思います。がん検診は症状が無い人、健康な人がうける検査になりますが、自分が健康だからと言ってどれくらいの生活をしていてもよい事にはならないのです。そこで肺がんを予防する為の方法をいくつかご紹介してみたいだといえますね。

 

肺がんの予防と言って一番大切な事と言うのは、たばこを吸わない事に限ると思います。喫煙者によるがんのリスクは非喫煙している人と比べてすごく高い事が分かっています。ですのでたばこを止める事でその危険性を減少させる事が出来るのです。

 

たばこを吸っていた人が吸うのを止めてから10年間でその確率は1/2〜1/3まで減らす事が出来ると言ったからビックリだとされているのです。また「末梢型」の肺がんでしたらかなり症状が進行するまで身体外に症状が出てきません。

 

また「中心型」の肺がんであれね症状が早期がんの内に出てくるとは行っても、咳や痰と言った症状の為、風邪と勘違いしてそのまま放置してしまう人も少なくないのです。こうした事から早期に肺がんを見つけるには如何しても肺がんのがん検診を受ける事が大切となってきます。

 

40歳以上になったならねお住まいの市区町村から検診を呼び掛ける通知が来ると思うので、症状が有る無いに関わらず四十歳以上になってしまうと年に1回は検診を受ける様にする事をお勧めしたいとされています。怖くは有りません。早期発見こそが早く治せる手段なのですから、怖がらずに行きましょう。