胃がんのがん検診

がん検診

 

胃がんのがん検診

「胃がん」はがん検診の1つと言われているんですね。胃の粘膜にできてしまう悪性腫瘍と思います。胃の壁と言う物は粘膜層と筋層とで大別すると出来ています。がんの悪性腫瘍が粘膜層に留まっている様子の事を早期胃がんと呼び、筋層以上に進んでいる物を進行胃がんと呼んでいます。

 

胃がんが多く発生しているのは50代後半〜60台の男性に多いみたいですが、近年は医療の進歩によっても死亡率が減少傾向にあるだと言えるでしょう。胃がんの早期の場合、無症状ですので発見が遅れやすいです。

 

進行胃がんになると症状として食欲不振が出て来たり、衰弱してきたり、胃が痛んだり血を吐いたり、下血などの症状も起こるそうです。また悪性度が高く進行度も早く、粘膜部分で殆ど変化を起こさないタイプのスキルス性胃がんと言うのも有ります。スキルス性胃がんはがん検診を行っても発見される可能性が難しく、かなり進んで胃壁全体が固くなってしまった時に見つかる場合が多いそうです。

 

胃がんになりやすい要因としては、喫煙や塩分の過剰摂取だと言う事が知られています。またピロリ菌が胃粘膜に住み着いてしまう事も胃がんを発生している要因だとも言われています。ピロリ菌は胃粘膜に感染してそれが長く続いてしまうことで炎症を起こします。これが萎縮性胃炎と呼ばれている状態になります。この状態が胃がんの発生源になると考えられているですよね。こうした状態をちょっとでも早く発見する事が可能だ様に、胃がんのがん検診を受ける事をオススメしたいのですね。

 

 

胃がんのがん検診をうける際の注意点

胃がんのがん検診を受ける際の注意点そうはいっても、現在一般的な胃がんのがん検診方法と言うとバリウム検査になります。胃を膨らませる発泡剤を飲んでX線を撮影するためす。これによっては胃の大きさや胃壁の変化等を観察していきます。

 

胃がん検診で見つかるがんは初期の段階でみつけての時が多く、早期胃がんの場合の五年生存率は90パーセント以上と高い数値になっています。胃がんは早期発見、早期治療が有効的だと言われています。日本では胃がんが見つかる際、半数以上が早期がんだそうで、更に半数以上が胃がん検診で発見されている様です。

 

早期がんで腫瘍が小さい場合、内視鏡治療で治療が終わる事も多いそうで大がかりな手術をする事も後遺症が残ることも殆ど無いだとされているのです。こうした事から胃がん検診を受ける事の重要性が伺えます。

 

胃がん検診では今までにかかった事が有る病気の履歴、血縁者の中に胃がんになった人がいるかどうかの確認等がされますので、事前に血縁者の中にがんになった人がいるかどうか確認をしておくと良いでしょう。バリウムを飲む場合ですが、前日の夕食を早い時間に食べ、そのあとから食事は撮らない様にした方がいいのです。

 

検査当日に限っては食べ物・飲み物はもちろんの事、たばこやガム等も摂取しない様にしてくださいね。バリウムを飲む時発泡剤を飲みます。身体をいろいろな方向に向けられる為、ゲップしたくなりますが出さない様に我慢しましょう。検査が終わったら下剤を貰うので飲んで便秘にならない様にバリウムを出しましょう。水分を多く摂る事がコツなんだそうです。