がん検診のマンモグラフィーって?

がん検診

 

マンモグラフィー

女性の乳房を映し出す物で、乳房を上下左右から挟み込んでX線撮影をします。石灰化されたしこり、ごく小さなしこりをこれで見つけ出すことが出来ます。またしこりになる前の早期がんの発見にも大いに役立ちます。40歳以上になったら乳がんの検査はマンモグラフィーにすることが理想だと言われています。

 

 

主要5がんについて

がん検診の効果が科学的に証明されていると言う事で、厚生労働省が検診を推奨しているがんのことを主要5がんと言われています。そのがん検診が有効的な主要5がんについて少し触れてみたいだといえるのではないでしょうか?

 

【肺がん】
日本人の死亡者数の中で最も多いと言われているがんかも知れませんね。大体年間6万人もの人が亡くなっているといわれており、近年では女性にも発生率が急増しているようですね。肺がんは喫煙との関係が特に深い事も有るのですが、非喫煙者にも発生されている現状も有ります。

 

【胃がん】
日本人に特に多いがんだと言われています。年間5万人もの人が亡くなっていると言われており、肺がんの次に多い事が分かります。食生活と深い関係が有り、塩分を過剰背一種している地域なんかに多く発生している関係も有りますが、食生活の変化によって若い世代には少なくなってきているそうです。

 

【大腸がん】
年間第3位の死亡率になっている大腸がんで、食生活が欧米化してきた事によって増加してきているがんになるかもしれません。近年は飲酒によっても発生しうるがんとも言われていて、食生活の改善が有効的です。

 

【乳がん】
壮年期の女性に発生する確率が高く、35歳以上の女性の死亡率が高くなってきている現状に有ります。初期の段階でみつけて、早期治療によって治りやすいがんになりますので、がん検診を受ける様にしたいがんの1つです。

 

【子宮がん】
近年では若い世代に多く発生やっていると言う子宮がん、ヒトパピローマウィルスに感染する事で高い確率で発生するがんと言われているものです。早い段階で発見、早い段階で治療が望ましいがんになります。