乳がんのがん検診

がん検診

 

乳がんのがん検診

「乳がん」はがん検診のひとつと思っております。女性の乳房には乳腺と言うのがたくさん有ります。この乳腺に悪性腫瘍が出来てしまうと乳がんと言うことになります。乳がんでも約9割が母乳が通る道となる乳管の所に出来る乳管がんで、残り1割弱の物が母乳を作っている小葉で出来る小葉がんと言う物ではないでしょうか?

 

この他には乳頭がただれてしまうパジェット病という乳がんも有ります。乳癌は45〜50歳代と割合に若い世代の女性に発生する事が多いのが特徴でして、近年より数が増えていると言います。

 

乳ガンでの「非浸潤がん」と呼ばれる、先程挙げた乳管や小葉の中に留まっている状態のがんであれば、他の臓器への転移や再発の可能性が殆ど無い為治療が出来ますが、それを超えて周りの組織に広がってしまった「浸潤がん」になったならね転移や再発の可能性が出てきますので治療も少し難しくなります。

 

よく乳がんのがん検診でしこりを見つける検査をしますが、しこりが手で触れる様な状態になったら「浸潤がん」だと思ってくれて良いと思うのです。こうした事からも乳癌検診は女性にとっては必要である検査だと思ってくれていいかもしれません。

 

乳がんになる要因としては色々有ります。家族に乳ガン患者がいた場合、出産経験が無い方、初産の年齢が高かった人、授乳経験が無い人、閉経後に肥満になった方、初潮が早い人、閉経が遅い人等が挙げられます。家族に乳がん患者がい無い人でも突然なる場合が有りますので安心はできないと思って頂いた方が良いでしょう。乳癌も早い段階で発見、早期治療が望ましい病気ですのでがん検診は必ず行う様にした方がいいのです。

 

 

乳がんのがん検診を受ける際の注意点

乳がんのがん検診を受ける際の注意点ですが、先ずは家族の中に乳がんの人がいたかどうか確認しておく事、初潮年齢、出産・授乳経験、最終月経、閉経した年齢等を聞かれますので確認しておく事が大切になりますよ。

 

またマンモグラフィは乳房を上から潰して調べますので、乳房が張っていると痛みを感じやすくなってしまうみたいです。ですから月経前の乳房が張っている時期は出来れば避けて月経終了した乳房の張りが少なくなっている時期にしらべるのが良いかと思います。

 

乳がん検診の場合、問診・視触診・乳房X線の検査が行われます。よく乳がんはしこりがあるかどうかで判断してしまっては勘違いしている人がいますが、転移や再発のリスクが少ない「非浸潤がん」の場合だったらしこりとしては現れません。

 

この「非浸潤がん」の場合は10年生存率がほぼ百%だと言う事も有ります。しこりが有ったとしても2cm以下の場合でリンパ節転移が無い物といった定義がされている早期がんの場合は10年生存率は90%ととても高くなっているのです。

 

こうした生存率の高さから見ても早期がんの発見はとても大切である事がわかります。がん検診で良くしこりを探す触診をすると思うんですが、これだけでは非浸潤がんの発見が出来ませんから不十分と言えると思います。出来ればマンモグラフィを行い非浸潤がんの発見もしてもらえる様にがん検診をする事がとても大切だと思いますのです。40歳以上になると2年に1度は乳がん検診を行う様にしてくださいね。