乳がんで「要再検査」と言われた場合

がん検診

 

「要再検査」と言われた場合

乳腺超音波検査が行われる場合、皮膚に超音波が発信している器具を当てて中の様子を画像化していってください。通常のがん検診では特定できないがんの特定ができるようになるのです。またマンモトーム生検ではがんの疑いが有る部分に細い針を刺し細胞を採取して、それを顕微鏡で検査して確定診断が行われます。

 

乳腺から出ている分泌液に異常が有る場合、造影剤を乳管内に入れてX線撮影をします。こうした事を行う事により、小さながんを調べたり進み度合いを調べたりする場合が可能となります。

 

 

がん検診の流れ

がんが有るか無いかを判断する検査をがん検診と言います。胃、肺、大腸、乳房、子宮と言う様にがんができる可能性が有りますが、その部位によってもがんの特徴も違いますし検査方法も変わってくるのです。がん検診ではそれぞれのがんを見つけるのに最適な検査方法を用意しています。

 

がん検診の簡単な流れとしては、健康な人で特に自覚症状を感じない人を対象にしてがん検診が行われます。そして一次検診を行い、健康な人とがんの可能性が有る人を振り分けるスクリーニングを行います。一次検診ではがんの種類によっても検査が異なるのではないでしょうかが、乳がん検診だとマンモグラフィ―や触診、胃癌だとX線検査と言う様になっています。

 

ここでがんの疑いが無いと判断された場合は今回は安心と言う事になりますので、今後も定期的に検診を受ける様になさってください。ここでがんの疑いが有るとされたばあいは二次検診をする事になります。一次検診よりは詳しい検査が行われる事となるのです。

 

ここでがんの疑いが無いと判断された場合は最初のうちは安心だからと言って、次回の検診も必ず受ける様にした方が良いかもしれません。ここでがんの疑いが有ると判断された場合は確定診断され、それぞれの治療に進む事になります。

 

この様に段階を踏んでがん検診を進めていき、がんが有るかどうかの判断をする事となります。がん検診をしてがんが発見されると言う事は早期発見である可能性が高いですので、早い段階で治療を行い、早いうちに治す事が可能となります。