乳がんの予防方法

がん

 

乳がんの予防方法

乳癌のがん検診を行うのは、初期の段階でみつけての為にたいへん有効的なことだと思います。がん検診は症状が無い人、健康な人がうける検査になりますが、自分が健康だからってどんな生活をしていても良い事にはならないのです。そこで乳がんを予防する為の方法をいくつかご紹介してみたいと思います。

 

先ず40歳以上になったら乳ガン検診でマンモグラフィを2年に1回は受けて早期発見が出来る様にすることが望ましいです。またマンモグラフィに限ったことではなくて自分で乳房を触ってしこりが無いかどうかをしらべる自己触診も行う様にして、しこりが見つかった場合は直ぐに医療機関を受診する様にしなければならないのです。

 

出来れば自己触診を行うタイミングは乳房が張っていない月経が終わったあたりに行うと良いとされていますね。もし閉経されている女性ともなれね月初でも月末でも日にちを決めて月に一回行う様にしましょう。触り方はベッドに横になり片手を上げ、上げた方の乳房を十分にまんべんなく触る様にします。

 

最後に乳首をつまんでみて血の様な分泌液が出ているかどうかも確認する様になさってください。また鏡をみて乳房がひきつれていないか、形が変わっていないかくぼみが無いか確認する事も重要なのです。

 

また過度のアルコール摂取を控える事、閉経した後の肥満に気を付ける事も大切となります。2年に1度の乳がん検診、月に1度の自己触診、生活習慣の見直し等が乳ガンの予防につながりますので是非行う様ににして下さいね。