がん検診のPET検診って?

がん検診

 

PET検診

一度に全身を撮影可能なとともに、5mmといった小さながんを見つける事も可能だと言われているとなります。一度に全身を撮影できて、小さながんを見つけられるといったメリットも有りますが、撮影時間に2時間程度かかるといったデメリット、前立腺や膀胱、腎臓と言った部分のがんを見つけにくいと言うデメリットが有ります。

 

 

がん検診に関して

日本では今、がんによっては死亡する人の数が年間30万人を突破していると言われていて、死亡原因の第1位になるかもしれません。しかしがんに対しての診断と治療は技術が進歩してきていますよね。一部のがんに対しては早期発見、初期の段階で治療によって治すことが可能となってきているのです。

 

こうした医療技術の進歩によってがん検診をする事によって、がんによっての死亡率を減少させる事が出来る様になってきたのです。「がん検診」と言うとちょっと怖い感じがしますが、正しい知識を持つ事がすごく大切でしょう。

 

がん検診をする目的はがんの早期発見を行って早期治療をする事にあります。そしてがんによる死亡者数を少しでもへらす事に有るでしょうね。がんを単に見つけたいからがん検診をする事が目的ではないのです。こうした事からがん検診は症状がない方を対象に行う事が大切になります。

 

症状が無いと言う事は進行がまだ少なくて早期発見が可能と言う事です。そして早い段階で治療の可能な事によって死亡するリスクを軽減出来るのです。がん検診では特定の病気を発見し、早期の内に治療をしてしまおうと言う事が目的としてあげられるのです。

 

具体的な内容としてはがん検診、糖尿病検診等が挙げられるのです。がん検診は身体の状態が健康かどうかを判断する事、社会生活がこれから問題なく送れるかどうかを判断してくれます。がん検診に限らず学校検診や就職時に行う検診なんかもこれに当たるのです。この為、怖がらずにがん検診を定期的に行う様にして頂きたいと思います。