子宮頸がんのがん検診

がん検診

 

子宮頸がんのがん検診

「子宮頸がん」はがん検診の1つとなっています。子宮頸がんとは女性ならではのがんの事で、子宮の入り口あたりを子宮頸部と呼んでいるのですが、この部分に悪性腫瘍が出来てしまった物を指しているのです。細胞の種類により「扁平上皮がん」「腺がん」と言う2種類のがんに分けられていますが、9割以上は扁平上皮がんと思っております。

 

子宮頸がんはがんになる前の異形成の状態から、がんが周りに拡がっていく状態のがんに進行して行く進行がんです。初期の段階ではあまり症状が出ないので気が付かない事が多いのですが、症状が進むにつれて不正出血、性交時の出血、腰痛、腹痛、おりものの変化等症状が現れる様になってきます。こうした事から初期の段階で見つけられる様に子宮頸がんのがん検診を行う事をお勧めしたいだと言われているんです。

 

では子宮頸がんになってしまった原因としてはどんな事が有るのかといったら、ヒトパピローマウィルスに感染してしまったりする事が原因じゃないかのだそうです。このヒトパピローマウィルスと言うものは何処にでも有るありふれたウィルスのだそうです。

 

性交渉の経験が有る女性の8割以上と言ったかなりの確率の女性が1度はこのウィルスに感染した事が有るのではないかといわれる位です。このウィルスには種類が100種類以上も有るそうで、その中でも子宮頸がんになってしまう可能性が有るウィルスは1五種類位なのではないでしょうか?

 

大体はこのウィルスに感染しても一過性で終わってしまうから、大事には至らないのですが、稀に長期間感染し続けてしまい子宮頸部に異常をきたす様になり、何年もたって子宮頸がんに発展して行くと言う事が有るになると思います。

 

 

子宮頸がんのがん検診をうける際の注意点

子宮頸がんのがん検診を受ける際の注意点ですが、子宮頸がん検診において問診、視診、細胞診の内診等が行われているはずです。問診の場合は自覚症状が有るかどうか、妊娠や出産の経験の有無、最終月経、閉経年齢等が聞かれますので予め確認しておくといいでしょう。

 

視診においては膣鏡といった器具を膣内に挿入するとか、細胞診では器具を使って膣内の粘膜をこすって細胞を摂取して検査をするとかしますが、痛みは殆ど有りありませんので変に緊張する必要はありません。リラックスして受ける様ににして下さいね。

 

但し月経中の方は血液が入るとただしい診断が下せないこともありますから、月経時期は避けて受診した方がいいんでしょうか?子宮頸がんは最初の段階の異形成、上皮内がんの状態で見つかると早期治療が出来ますのでほぼ100%の割合で子宮を残した状態で完治させる事が出来るとして、子宮がん検診の重大性が取り上げられています。

 

またここ数年に関しては20歳代と若い世代の方々にも子宮頸がんが多数発症している様で、重大性を帯びているものです。早期発見と早い段階で治療によっては子宮を残すことができるでしょうし、妊娠や出産もできるのでとにかく早くに見つけ出す事が重要なのです。

 

子宮がん検診の場合は20歳以上になれば受ける事が可能な為出来れば2年に1度は受診する様にして、出来る限り早期発見する事が可能だ様な環境を自分自身に作ってあげる様にしてください。子宮頸がんは誰にでも起こり得るがんでも有りますので早期発見を心がける様にして下さいね。