子宮頸がんの予防方法

がん

 

子宮頸がんの予防方法

有効的な事として子宮頸がんのがん検診を行うのは、早期発見の為にすごく有効的なことでしょう。がん検診は症状が無い人、健康な人がうける検査なのですが、自分が健康だからと言ってどのくらいの生活していたとしてもよいことにはなりません。そこで子宮頸がんを予防する為の方法を幾つかご紹介してみたいと思います。

 

子宮頸がんはHPVと言うヒトパピローマウイルスへの感染が原因じゃないかと言われています。このウィルスは100種類もタイプが有って、大体は子宮頸がんまで至らずにそのまま無くなってしまうようですが、15種類のタイプのウィルスは子宮頸がんの原因となるハイリスクタイプと言う物に分類されるのです。

 

性交渉によって感染する可能性が有ると言われていますが、感染自体はどんな人でも1度はかかった事が有って症状が出ない内にウィルスが排除されているのですが、稀に長く続くと子宮頸がんまで進展してしまう事も有るのです。

 

これはどの位の確率で感染して、どの位長く感染していたから子宮頸がんに発展すると言った状況はまだ確率はされていないそうです。ですから感染したらそれを治す様に心がける事、感染しない様に予防する事が大切となります。

 

感染を防止する為のワクチンも有ります。これを摂取し予防する事は可能かと思われます。しかしこのワクチンは感染した物を排除したり、治したりする事は出来ませんので注意が必要です。子宮頸がんは早期発見できれば治す事が可能ながんですので、出来れば継続する事でがん検診を行う事が一番の予防策ではないかと思います。