病院で治療してもメタボが治らなかった場合の対処法は?

メタボ

 

メタボについて

メタボと言う言葉を知らない人はいないでしょうが、具体的にどのような状態のことを言うのか明確に知っている人は少ないのです。メタボのことについて説明しましょう。正確にはメタボリックシンドロームと言います。メタボリックシンドロームは直感的には太っている人のことを言います。しかし、それではどの程度なら良いのかわかりませんから、日本では基準検討委員会の検討結果として次の指標を使うことになったのです。ウエスト径が男性で85cm、女性で90cm以上の人をメタボリックシンドロームと表現しています。これはそれまでの考え方と大きく異なっており、メタボリックシンドロームには内臓脂肪の蓄積が重要な役割を担っていることわかってきたからです。このような考え方は日本だけではなく、世界的な傾向と言っていいでしょう。

 

男性でウエスト径が85cmを越えている場合は、腹部CT画像で内臓脂肪を測定したら、断面積100平方センチに相当すると考えられています。また、ウエスト径の他に高トリグリセライド血症が150mg/dL以上か、低HDLコレステロール血症が40mg/dL以下の人もメタボとなります。それから、血圧では高い方が130以上、低い方が85以上の人、空腹時高血糖が110mg/dL以上の人もメタボに判定されます。日本では2001年から定期健康診断で、要注意と判定された人には二次検診や特定保健士指導の費用が労災保険から賄われることになりました。これは世界にはない制度です。生活習慣病の予防対策を社会全体で実施しようと考えていることの表れと言えます。あなたもメタボリックシンドロームと言われたなら、その対策を考えておかなければなりません。

メタボとダイエット

脱メタボのためにはダイエットが必要です。メタボリックシンドロームを甘く見てはいけません。そのままでいると動脈硬化になり、早死にしてしまいますよ。メタボ対策は長生きの秘訣なのです。対策の一つとしてダイエットを考えてみましょう。

 

メタボの判定基準には腹囲があります。これは痩せていてもお腹ポッコリであれば、生活習慣病の危険性があることを示しているのです。体重は少なくても体脂肪が多い人もたくさんいるのです。メタボ予備軍なのです。最近では3人に1人がメタボリックシンドローム予備軍であると言われています。これを改善するには脂肪を落とすことが大事です。しかし、ダイエットは多くの女性が試みて、挫折していますね。間違ったダイエットの仕方をしてはいけません。まず、女性がやるダイエットとメタボ対策としてのダイエットは違います。

 

女性は痩せてすらっとした体型を望んでいるのですが、メタボリックシンドロームでのダイエットは腹囲を減らすことだけです。内臓脂肪を取ることを中心としているのです。色々なサイトを見てみますと、どちらも同じように書かれていることがあります。しかし、厳密には異なっていることを理解してください。つまり、メタボの解消は体重を減らすことではないのです。もちろん、ダイエットですから運動や食事制限によって体重も脂肪も減らすことができます。減った脂肪を元に戻さないようにしておくことも重要ですね。確実に効果があるダイエット方法はどのようなことでしょうか?それは人によって違いますから、自分だけのダイエット方法を見つけることなのです。

メタボと腹囲

厚生労働省が決めたメタボリックシンドロームの判定基準は、男性の腹囲85cm、女性の腹囲90cm以上となっています。その数字の妥当性について調査した結果がありますから、それを紹介しましょう。厚生労働省研究班が行った報告です。結論では診断で決められている腹囲の数値によって、心筋梗塞や脳梗塞の発祥の危険性を判断できないと言うことです。つまり、85cmと90cmに科学的な根拠は見いだせなかったと言うことです。それでは、腹囲を計り、それによってメタボリックシンドローム対策を進めていくことに意味はないのでしょうか?それは違います。

 

生活習慣病を減らすことが社会的な課題であり、その対策の目安として腹囲を計ることは意味があります。つまり腹囲が大きくなるほど、発症の危険性は高くなると言うことは間違いなのです。研究班の調査は全国の40〜74歳までの男女3万人以上のデータで行われています。心筋梗塞、脳梗塞の発症と腹囲の関連を調べているのです。基準の元となった数字は学会が集めた小規模な研究データです。内臓脂肪が蓄積することによって生活習慣病の危険性が高まると言う前提に基づいているのです。

 

一方、男性85cm、女性90cmを越えると、血糖や脂質などの検査データで異常値が急激に増えることは明らかになっています。これからも、腹囲がメタボの目安であることは疑いのない事実です。肥満体型であることで発症しやすいことは事実ですから、自分の体型をすべての人が注意しておくことなのです。これによって生活習慣病の予備軍の減少につながると期待されるのです。

病院で治療してもメタボが治らなかった場合の対処法は?記事一覧

メタボ対策グッズ

メタボになったのですから生活習慣を改めなければならないからですメタボを予防することが健康を維持していくことにつながるのですが、その対策グッズが色々と販売されていますから、それらを紹介しましょう。まずは食事に関するものです。メタボ対策として食事を見直すことは重要です。今までの食事を止めて、サプリメント...

≫続きを読む

 

お茶でメタボ対策

メタボになって心筋梗塞になった自分をイメージしてみてくださいお茶ダイエットは女性に人気があります。メタボリックシンドロームと言われた人もお茶ダイエットをやってみませんか?メタボの対策としてダイエットを考えてみるのです。お茶ダイエットのやり方を紹介しましょう。やり方は簡単です。水分補給のための水分をお...

≫続きを読む

 

メタボの対策

不健康な生活がメタボの原因と言っていいのです検診などでメタボリックシンドロームってよく耳にしますよね。太っていることで、いろいろな病気になりやすくなります。健康診断でメタボだと判定されたならば、何らかの対策を講じなければなりません。健康で長生きをしたいと考えているのであれば、真剣に取り組みましょう。...

≫続きを読む

 

メタボコーヒー

メタボコーヒーを馬鹿にするのではなくそれで効果を上げる工夫をしましょうメタボコーヒーって聞いたことがありますか?その名の通り、メタボの対策のためのコーヒーです。メタボリックシンドロームと判断された人は、何らかの食生活の改善を指導されます。その中の一つとしてメタボコーヒーがあるのです。もちろん、コーヒ...

≫続きを読む

 

メタボと食生活

メタボリックシンドロームが進行していくと食生活の改善だけでは対応できなくなりますおなかが出てきた人はメタボリックシンドロームの可能性があります。メタボリックシンドロームをそのままにしておくと、動脈硬化を起こし、脳梗塞や心筋梗塞で倒れてしまうことになります。そのようにならないためにメタボ対策が注目を集...

≫続きを読む

 

メタボの生活改善

これからの人生をどのように送るかは自分のメタボ対策にかかっています日本人の食生活が欧米化したことによって、内臓脂肪型肥満が増えているのだそうです。これをメタボリックシンドロームと言います。メタボリックシンドローム対策として、いろいろなことが言われていますが、基本は生活を改善することです。食生活、運動...

≫続きを読む

 

メタボと薬

メタボが病気の前兆なのに自覚症状がないところもたちが悪いのです薬を使って、メタボリックシンドロームの対策を行うケースがあります。もちろん、これは医師の指導によるものですが、通常の生活改善だけでは済まない人のためのものです。一般の人の対策は食事の内容を見直すことと適度な運動をすることで十分です。メタボ...

≫続きを読む

 

メタボと運動

メタボ対策でのウォーキングは有酸素運動をすることですから健康診断でメタボの危険性ありと指摘されたならば、メタボ対策を行いましょう。メタボ対策として、ウォーキングを考えてみませんか?歩くと言うことは日常的に行っている運動です。多い人ならば、一日5,000歩以上歩いていることでしょう。しかし、日常生活の...

≫続きを読む

 

メタボを解消する

メタボの危険性についてきちんと認識しておきましょうメタボ解消に効果的なのは運動とダイエットです。メタボ検診が始まってから、メタボ対策の食品やグッズなどがたくさん販売されるようになりました。しかし、最も効果的で、費用もかからない対策は運動なのです。メタボと判定されるウエスト径は内臓脂肪が蓄積した状態で...

≫続きを読む

 

メタボの予防

完治することは難しいので、そのことを肝に命じて、メタボ予防に取り組まなければなりません厚生労働省のサイトを見ると、「メタボリックシンドロームを予防しよう」というページがあります。厚生労働省のメタボリックシンドロームのための特定検診が始まったのは2008年からです。生活習慣病の予防にはメタボリックシン...

≫続きを読む

 

メタボリック症候群と病気予防

メタボリック症候群とその予防メタボリック症候群予防の健康効果が、重視されてきています。実際メタボリック予防のためにダイエットをする中高年もとても増えています。メタボリック症候群は、高血糖、高血圧、高脂質、そして内蔵型肥満から成り立っています。2つ以上を合併した場合にメタボリック症候群と診断されます。...

≫続きを読む