ブルーベリーで視力回復する?

視力回復

 

視力回復方法

「ブルーベリー」ときくと「目によい食べ物」といった様に思う人が多いと思います。視力回復方法としてブルーベリーを食べる人も多いのではないでしょうか?しかし本当にブルーベリーは視力回復効果があるのでしょうね。

 

目の構造から説明して行きたいと思いますが、物をみる為の器官を網膜と言っています。この表面に光を認識してくれるロドプシンと言う色素が有ります。光によってこのロドプシンが壊れてしまうでしょうが、壊れてしまったらまたロドプシンは再生されます。

 

通常は壊れて再生されてというのを繰り返すと思っておりますが、このサイクルが悪くなると物が見えにくくなってしまうりとか、視界が曇ってしまったりとか目に症状が出てきてしまうのです。この時のロドプシンの再生能力を助けてくれるのがアントシアニンと言う成分になり、このアントシアニンはブルーベリーにたくさん含まれています。

 

なのでブルーベリーは視力回復方法として良いと言われているのです。実際に実験をしてみた所、ブルーベリーを食べた眼精疲労を感じている人や白内障の患者の人は症状が軽減されたと言われています。

 

現代社会に置いてパソコンを使う事が多くなったり、携帯電話やゲーム、テレビを見る等、目を酷使することが多くなってきています。この状況を改善させる事は難しいかと思うのですが、ブルーベリーなど視力回復効果が有るブルーベリーを定期的に食べて目を休めてあげるのも良い方法ではないかと思うのです。

 

 

視力低下の原因

「眼精疲労」は視力低下の原因となるそうで、よく視力回復方法として眼精疲労を解消させて下さいと言うのが有ります。視力回復方法として眼精疲労を解消させる前に、眼精疲労(眼精疲労と眼疲労は違うそうです)について知っておくと良いでしょう。

 

眼精疲労と一言で言っていますが、その症状は様々だそうです。目が疲れたと言う単純な症状に限ったことではなく、頭痛や肩凝りと言った症状、身体全体の倦怠感等があげられるでしょう。単なる目の疲れは目を休ませるのみで改善しますが、眼精疲労となると目を休ませるだけではダメで疲労が蓄積されていきます。

 

眼精疲労の目の疲れは充血、痛み、重み、かすみと言った症状で表われてきて視力低下に繋がっていくのです。こうした疲れから頭痛、肩凝り、胃腸の痛み、精神的な所まで影響してくると言います。これが進んでくると自律神経にまで影響が出てくる事も有るそうで、眼精疲労は十分に気を付けて解消していく様にしていかなくてはならないでしょう。

 

こうした眼精疲労になってしまう原因としてはパソコンやテレビ、携帯電話と言った画面を長時間見ている事に有るになるものです。こうした行為は長時間一点を見つめていますので疲れやすくなるのです。これ以外にもドライアイや遠視や近視から来る見えづらさが眼精疲労の原因になる事も有ります。

 

これ以外にも精神的な物から眼精疲労になるケースも有ると言います。眼精疲労は放っておくと視力低下に繋がってきますので、早めの対策を取る様にしていかなくてはなりませんので、眼精疲労対策を是非行う様にしましょう。結果的に視力回復にも繋がっていくと思いますよ。