遠近法で視力回復する?

視力回復

 

視力回復方法

「遠近法」という方法は視力回復の効果が高い方法だそうです。視力回復の為に有効だと呼ねれる方法で、遠くと近くを交互に見ると言う方法が有ります。これは遠近法を使った視力回復方法なのです。何故視力回復方法として遠近法が効果的なのでしょう。

 

私達は意識をしていないかもしれませんが、目には遠近調節機能というカメラのピント合わせと同じ様な機能を持っています。これが毛様体筋という水晶体を支える筋肉なんですが、この部分が凝ってしまう事で視力の低下に通じるだといえますね。

 

ですからこの筋肉を解してあげると視力回復が期待出来ると言う事でしょう。それには遠近法を使うのがいいといわれています。

 

先ずは人さし指を立てて目の前に置き焦点を人指し指に合わせます。そのまま5秒ほどジッと見つめてください。次に人差し指の奥に存在している遠くの何かに焦点を合わせて10秒ほどそれをじっと見つめます。次にまた人差し指に焦点を合わせて5秒ほど見つめます。

 

と言った方法を数回繰り返してみてください。そのほかにも立てた人差し指を目にのんびり近づけたり、ゆっくり離したりすると言う遠近法を使った方法が有ります。これには「ゆっくり」と言うのが大事で、早くやると毛様体筋が急激に縮むので逆効果になってしまうみたいです。

 

なのでゆっくりやるのがコツになります。これだけで毛様体筋に刺激が加えられますので遠くを見たり近くを見たりする遠近法を使った視力回復方法になります。