身体をほぐす視力回復する?

視力回復

 

視力回復方法

「身体をほぐす」事も視力回復方法として有効だそうです。身体の特に首、肩、背中と凝りやすい部分が有りますよね。凝ると身体中が辛いですよね。その部分を中心にして解してあげると視力回復に効果的だそうです。では身体をほぐす方法を挙げてみましょう。

 

先ずは「首の凝り」ですね。首筋部分をマッサージ、ストレッチを定期的にすることで血行が良くなります。これによって視界がすっきりとする様になり目の疲れが取れる様ようですね。次に「肩の凝り」ですね。眼精疲労を解消させる為には肩こりを治すと良いと言われています。

 

肩周りの血行を良くする為には肩をぐるぐると回してみたり、力を入れて上に上げ、力を抜いてすとんと肩を落とすと言う様な方法をしてみましょう。これだけで肩周りの凝りは解消されやすくなります。次に「背中の凝り」ですね。

 

あまり馴染みがないかもしれませんが、肩こりや首こりがひどくなると背中の方も凝ってくる様になります。また背骨が歪んでくると視力に影響をきたす様になりますので、整体に定期的に行ったりヨガをやったり、ストレッチをしたりして凝りをほぐす様にしましょう。

 

また猫背になったり、足を組んで座ったりしていると姿勢が悪くなりますよね。これも身体を凝らせる理由の一つでしょうので止める様にしてくださいね。身体を凝らせる様な事をした場合、その日の内に解消させる事が重要なのですので、出来るだけ毎日身体をほぐす様にして視力回復をさせていきましょう。

 

 

視力回復方法をした上での視力差

近くを見た後に遠くを見るといった視力回復方法には色んな視力回復方法が世の中には有ります。視力回復効果が有る食べ物や視力回復に効果的な生活習慣の改善等色々有ります。しかし同じ視力回復方法を試してみても、その回復度合いには左右で差が出てくる事が有るみたいです。なんでこうした視力の差が出てくるなかその原因にも様々有る様です。

 

例えば左右で視力に差が有る方っているでしょうね。こうした方の場合は左右の視力に差が無い方と比べてみて、物の見方で距離やスピードといった感覚が違うかもしれませんよね。私達人間は物を見る時に両目でみているのですねよね。しかし実際の所は視力が良い方の目で物をみていて視力が悪い方の目は使わない様にしているそうそうです。

 

つまり視力が悪い方の目は使われていないと言う事になります。こうなると更に両目の視力には差が出てくる事になるでしょう。こうした事象を「不動視」と言う様に呼んでいるそうです。視力回復方法にはこうした不動視を治す事も大切になってきます。

 

視力回復方法によっては見やすい方の目だけを使用してしまう場合が有ります。こうならない為にも片目ずつトレーニングしていくと言う様な事をしていくと良いみたいです。同じ視力回復方法をしてもこうした原因によって視力に差が出てきてしまうと言うところもを覚えておき、視力回復方法のやり方も考えていくと良いと思います。そうするとバランス良く視力が回復してくる様になると思いますよ。