眼球を鍛える視力回復する?

視力回復

 

視力回復方法

「眼球を鍛える」と言う方法でも視力回復は望めるのようです。眼球を鍛えると言うのはどういう事かと言うと、先ずは目の働きから探っていきましょう。目には水晶体と言うレンズの働きをしている所、毛様体筋と言うピントを合わせる所、外眼筋と言う眼球を動かす所といった様に分けられています。

 

私たちは生活の中で何も考えずに目を動かしたり使ったりしているのですが、その動きは先ほどの筋肉類を複雑に動かして行く様でしょうね。こうした事を受けて視力回復方法としても眼球をうごかすという点もがとても大切になって来ることが分かると思います。

 

身体の筋肉で考えてみてください。身体の筋肉もつかっていないとどんどん衰えてきてしまいますよね。それと同じ様に目の筋肉も使っていなければ衰えてきてしまって視力も衰退してしまうことになります。なので目の筋肉を鍛える事が必要なのです。

 

簡単な鍛え方といえね、目を上下左右に動かすことから開始してみましょう。そして右側斜め上をみて、左側斜め下を見る。逆に左側斜め上を見て、右側斜め下を見る。そして最後に目を一周グルグルと回すと言った感じです。

 

これだけで眼球を鍛えられるのです。空いた時間が有れば直ぐに出来ますので、思い立った時に出来るでしょうね。更にレベルアップさせるには、人さし指を立てて目の前に置きます。

 

人差し指を遠くに近くに左に右にと動かしていき、それを目で焦点を合わせながら追いかけていくと言う方法です。こうした方法で眼球を鍛えていけますので是非視力回復方法として取り入れてみてくださいね。

 

 

視力低下の原因

近頃子供に視力低下がたくさん見られる様になってきました。その原因として主に「ゲーム」が挙げられるそうです。現在の子供達の遊び方と昔の子供たちの遊び方を比較してみたら、ゲームの普及がとても関係している様に思えます。

 

昔は外でサッカーをしたり、公園で遊んだりと言った遊び方が多かったとは言え、近頃は天気が良い日でも家の中でゲームをして遊ぶお子さん方が増えてきました。外で遊んでいる子供を見ても外でゲームをしているお子さん方が多くいます。本当に今の子供達の中にゲームは浸透しているのだなと言うところもが分かると思うのです。

 

そうした結果、視力低下に繋がってメガネをかける子供達が増加傾向にあるのです。ゲームやテレビやパソコンをずっと見ているとどうしても目に負担が掛かる事となります。そうなると視力低下に繋がってメガネやコンタクトをしなくてはいけなくなります。

 

一度視力が低下してしまうと視力回復をする事は難しく、如何に視力回復方法を使ってもなかなか回復にはいたらないと言う事にもなりかねません。最悪だったら手術をして視力回復するという方法を取らなければならないということんですね。

 

こうした事からゲームやパソコン、テレビの見すぎが視力低下に繋がっている事が分かりますので、将来のことを考えるのであれば全てダメと言ってしまってはダメですので、制限を設けて遊ばせる様にする事が視力低下を予防する方法ではないかと思います。お子さまの将来のためにも注意して見てあげる様にしましょう。