レーシック手術で視力回復する?

視力回復

 

視力回復方法

「レーシック手術」はこの頃たくさんの方が行いはじめている視力回復方法になります。視力が悪い人ってメガネをしたりコンタクトをしている人が殆どですよね。でも裸眼で過ごすと言う様になったのであれね普通の暮らしに色々と支障を出す様にもなるのではないでしょうか?

 

そこで裸眼でも過ごせる様にと視力回復をしてくれるレーシック手術と言う方法が登場したとなるはずです。名前を知っていても実際にどんな手術をしているのか知らない方も多いはず。簡単にレーシック手術の事をご説明したいと思いますと、目の角膜の表面部分を薄くレーザーを使って剥がします。

 

そして剥き出しになった角膜実質層と呼ばれている部分を光が屈折して見える様に削っていくとされています。こうする事で視力回復につながるという訳です。当然ですが眼には点眼で麻酔をします。手術の際は瞬きをしない様に機械を使用して瞼を開けて固定させる事になります。

 

自分は意識が有るので手術されている様子は分かりますが、痛みは麻酔のお陰で無いそうです。目にレーザーを当てている時間は長くて1分位なんだとか?最初から最後までは大体10分位で終わるそうです。手術後数日間は点眼薬をしたりゴーグルをしたりして、目の保護をします。

 

その後視力回復を感じる様になるだといえますね。簡単な手術と言っても手術は手術です。後遺症も起こる事が予想されますので、きちんと話を聞いて納得した上で受ける様にした方がいいのです。また病院選びもきちんとする様にしましょう。