レーシック手術の費用はいくらかかるのでしょうか?

視力回復

 

レーシック手術の費用

効果的に視力回復が出来る方法として注目を浴びているレーシック手術。きっと周りにもレーシック手術をしている人がいると思いますが、実際に視力回復しようとしてレーシック手術を受けようと思った場合、気になるのが費用になりますよね。

 

特にレーシック手術の場合は高いと言ったイメージが有ると思いますからす。レーシック手術の場合は病気を治すという意味合いではなく、保険不適応と言う形式になりますので、病院側が提示した金額で手術を行う事となりますので病院によって費用が変わってくることになるのです。

 

しかし目安としては手術方法によってはますが、大体15〜60万円位だと思ってくれれば良いと思います。但し、病院によってレーシックのキャンペーンを行っていたり、友達に紹介してもらうと割引してもらったりする場合も有ります。またこの費用は手術代だけで術前の検査料が含まれない場合も有るらしいので、きちんとチェックしてからうける様にした方がいいですよ。

 

但しただ安いからと安易に病院を選ばない様に注意をなさって下さい。後々にトラブルの原因といわれているのです。また、レーシック手術料を安くする方法としては加入している生命保険の内容によっては手術代としてどれくらいかサポートしてくれる物も有りますので、加入している生命保険をチェックしてみるといいしょうね。

 

更にかかった値段によって確定申告の医療費控除を受けられる場合も有りますのでかかった領収書は全て保管しておきましょう。

 

 

レーシック手術のリスク

最も効果のある視力回復方法としてよく知られているレーシック手術ですが、やはり手術なのでメリットだけじゃなくてリスクもあることを知った上で手術を受けなくてはいけないのです。メガネやコンタクトを使用して生活をしてる方にとって、裸眼で生活可能なのって憧れますよね。

 

しかも効果がとても高いレーシック手術を受けてみようかなと考えた事がある人は多いのではないでしょうか?レーシック手術は不安を感じることも有るかもしれないですが、誰でも受ける事はできずに目の状態や年齢が考慮されて担当医師が判断した上で手術が受けられるという形なりました。

 

しかし先ほども言いましたがやはりレーシック手術は手術であるのでリスクと言う物は常に有ると言う様に考えておかなくてはなりません。代表的なリスクとしては、手術後に見えすぎてしまって度が強いメガネをかけるとくらくらしますよね。そういう状態になってしまって気持ち悪くなる場合が有ります。また目が乾燥してしまってドライアイになってしまう場合が有ります。

 

年月が経つにつれて手術前の状態に角膜の屈折力の変化で戻ってしまうことが有る場合が有ります。次に明るい物を見た時に眩しすぎたりにじんで見えたりする場合が有ります。と言う様なリスクが出る事が有るそうです。

 

他のリスクとしては、病院をきちんと選ばないと担当医師が手術経験数が少なくて不安だったり、手術用具の消毒などをきちんとしていない劣悪な環境の病院であったりすれね手術後の目の状態が悪くなってしまっていることが有ります。きちんと責任を持ってくれる様なしっかりした安全な病院を選ぶ様になさって下さい。こういう様なリスクをきちんと考えた上で視力回復方法としてのレーシック手術を受ける様にしましょう。