遠くを見る癖を付けて視力回復する?

視力回復

 

視力回復方法

一度視力が低下してしまったら二度と回復しないと思う方もいるものですが、視力回復の方法は色々有ります。その1つとして「生活環境を変える事」と言うのが挙げられます。

 

現在の現代社会においてパソコンやゲーム等、目を酷使している環境に有ります。パソコンやゲーム、携帯電話といった物は近くに画面があってそれを見ていますよね。しかし空や山と言った遠くの景色を見る機会が少なくなっている様に感じるのです。

 

人間の目には遠くを眺めるようにしたり近くを見たりしてピントを合わせて見る遠近調節機能と言う物が有ります。しかし近年においては近くを見る事が有っても遠くを見る機会が減少しいる為にこの機能自体が弱まっている可能性が有るのです。

 

視力回復方法は遠くを見る癖を付けると言う事です。1時間に1回は遠くをみる様に行うとか、気が付いた時に遠くを見たり近くを見たりするのを交互に繰り返してみるというのも良い方法になりますね。またテレビや本を横になりながら見ると視力が左右で変わってきてしまうそうなので、止める様にしましょう。

 

それと姿勢だからって猫背も改善させると視力に影響を与える筋肉が鍛えられるので直す様にするといいでしょう。こうして生活環境を改善させる事で視力回復に繋がっていく様です。

 

実践する為には常に意識をする必要が有り最初は大変かもしれませんが徐々に慣れてくると思いますので、是非生活環境を変えて視力回復をすると言う事を実践してみて下さい。

 

 

視力が悪いという事によるデメリット

視力が悪いと不便だなと思うシーンがたくさん有ると思うのです。メガネやコンタクトを使っている時は良いけど、裸眼になった時に周りの文字が見えない、テレビが見えない、文字を読むのに目をしかめてやっと読めると言う様に視力が悪いという事でのデメリットは色々有ります。

 

様々な視力回復方法が有りますが、メガネやコンタクトが有るから大丈夫と思っている人もいるでしょう。でもメガネの場合、付け外しがが楽なのは良いですがスポーツに不向きだったりお風呂の時には外さないと顔も洗えないとデメリットが有ります。

 

それならばコンタクトと思いますが、お風呂はコンタクトをしたままでも入れますが水泳はできないと言うデメリットが有ったり、ゴミが目に入った時の痛さは涙が出るくらい痛いと言うデメリットが有ります。また人それぞれにコンタクトが合わず直ぐに乾いてしまって充血した目になってしまう人も多いそうです。

 

またいつ起こるか分からない災害時にも不都合が出てくる場合が有ります。起きている時はメガネやコンタクトを行っているから良いけれども、寝ている時に災害が起きてしまった際、メガネやコンタクトを直ぐに見つけられたり付けられたりするかは疑問な所と思っています。

 

更に年齢を重ねていくと如何しても視力低下してきてしまいるため、さらに不都合な事がおきてしまわないとも限らないのです。こう見てみると色んなデメリットが視力が悪いという事で有ると思いますから、今以上に悪くならない為にも視力回復方法を実践してみると良いですよね。