目のツボを押して視力回復する?

視力回復

 

視力回復方法

「目のツボ」を押したりマッサージしたりするという視力回復方法が有ります。目が疲れたなと言った時に目を押したり、目の周りをマッサージしたり行う人って結構いるのではないでしょうか?こうする事で目の周りの血行が良くなりますので視力回復効果が望めると言う事に繋がってくる様になります。

 

また目のツボ押しやマッサージは視力回復と言うところもだけではなくて、眼精疲労の時とか目がかすんでいる時なんかにも良いと言われていますね。

 

目のツボを押したりマッサージしたりする事で、目の組織に有る毛様体筋と言う筋肉にハリが戻って来ます。こうなると目の焦点を合わせる機能が回復してくる事になるのです。

 

特に良いと言われているツボとはいえ黒目の真下に「四白」と言うツボが有ります。更に眉頭の真下に少しへこんでいる所が有り、ここは「天応」と言うツボだそうです。こうしたツボを優しく押したり円を描く様にマッサージを行ったりすると効果的な視力回復方法となるそうです。

 

但し目の周りはとても繊細な部分ですから、強く押したり強くマッサージをしたりするとシワの原因となってしまうかもしれませんし注意して下さいね。さらに効果を高めるためには肩凝りや首凝りの解消をしてから行う様にすると良いみたいですよね。

 

目のツボを押したりマッサージしたりする方法はどこでもいつでも道具が無くても出来る簡単なものですので、少し空いている時間が有った時にでも実践してみるといいでしょうねね。特に疲れを感じた際に行う様に行うといいみたいですよ。

 

 

視力低下の原因

色んな事柄に置いて現代社会では低年齢化してきていると言われています。その1つに視力の低下と言うのが挙げられるそうで、実際に視力が悪くなってきているお子さんと言うのは昔に比べて多くなってきている様に感じられます。

 

周りを見ていたらメガネをかけているお子様が多い様な気がすると思うのです。大人と子供の視力の低下には原因がちょっと違ってくると思うのですが、先ずは「近視」「遠視」「乱視」「弱視」と言った先天的な事が挙げられるでしょう。

 

これが発症してくると視力低下になってくるといいます。その発症に繋がるのがゲーム、パソコン、携帯電話と言った近くで画面を長時間見るといった事だと思います。昔の子供と比較すれね目を酷使する遊びが増えているのです。かつては外で走り回っていた遊び方で、遊びながら目の運動機能を養っていました。

 

しかし今は自然を見る事も少なくて近くの液晶画面ばかりを見ている様な遊び方になってきました。こうなると目の使い方が偏ってきてしまってバランスが悪くなってしまい、目の運動機能が養われない状況になってしまう訳です。

 

視力が一度悪くなってしまうと視力回復方法を色々試してみないといけなくなりますし、その視力回復方法が合わなければ一生涯メガネやコンタクトを使わなければならなくなるのです。出来ればそうした事は避けたいといわれているようです。

 

ですので視力低下にならない様にお子様の眼の機能を養ってあげる様に親御さんは気遣って欲しいなのです。