アルコールを控えて体臭を予防する?

体臭

 

体臭の予防

嗜好品の中でも、お酒類はとくに体臭に影響を与えます。お酒は、そのほとんどがアルコールであると言っても過言ではないのですが、アルコールの匂いが強烈なものであることは、皆さま、ご存じでしょう。

 

それが体内に取り入れられて消化され、代謝される事によって、匂いがもっと強くなると言われています。お酒を飲んだかたの側へいきますと、たしかにお酒臭いと言うのが、すぐにわかりますね。

 

たくさん飲んだかたは、翌日になってもまだお酒臭い匂いを発していますから、前の日に大量に飲んだことがすぐにばれてしまいますね。二日酔いのかたなどは、かなり強烈な匂いを発していますから、通勤電車の中や、会社でもひどい迷惑になっています。

 

ご自身では中々気づいていないのでしょうが、周りにとっては大変な迷惑でもあります。当り前ですが、この匂いを発しないためには、アルコールを控えるよりほかに予防する方法がありません。

 

お酒が好きなかたにとっては、お酒そのものの匂いは非常によいものでもあるのでしょうが、体の中に入ると他人にとって嫌な匂いだと言えるはずですね。つまり、わざわざ体臭の素を飲んでいるようなのようです。

 

アルコールを摂取しますと血行が良くなって身体がポカポカしてくるものですが、これはアルコールの持つ作用で、血管を拡張したり、体温調節させる為の中枢に働きかけたりして、急激に発汗量を高めます。

 

急に発汗いたしますと、通常の発汗よりも匂い成分が多くなるという性質がありますから、その分をかんがえても体臭が気になるかたはアルコールを摂るべきではありません。当たり前のことですが少量であれば問題ありませんので、体臭の予防にはアルコールを摂取してないか、ごく少量を・・・と覚えておいてください。

 

 

体臭を気にしているかたは、極力、アルコールを控えることが、匂いの予防ようですよ。お酒が好きなかたにとって、それを控えろというのは本当に大変なことで多々あるのですが、体臭を振りまいて周囲に嫌われるのと、お酒を我慢するのとでは、どちら選びますか?

 

お酒については、完全に止めなさいと言っている訳ではありません。少量に留めておくように・・・ということなのですね。当然、やめられる方はやめておいた方がもっといいですよが、それによって体臭が強くなってしまうのでしたら、今度はストレス臭の心配も出てまいりますから、少量であれば飲んでも構わないでしょう。

 

アルコールには、発汗作用で汗を大量に出す作用の他にも、体のにおいの原因となる作用があるんです。問題なのはアルコールが体内に入って、代謝されるときです。アルコールが体の中で代謝されますと「アセトアルデヒド」や「酢酸」といった、匂いが強い物質に変換されます。

 

これらの物質の多くが、尿に含まれて排出されますからすが、一部は汗となったり、呼気となったりして排出されます。そうして、その際に、二日酔い特有の、あの体臭になるというわけです。あの体臭は、普段、体臭が無いかたであっても発するほど強いものです。

 

そうして、あの匂いにはほとんどの人が気付きます。アルコールには、それだけ強くて迷惑な匂いのパワーがあるということになりますね。これを予防する為には、最低限、二日酔いにならない程度の量で留めておくことです。