足の臭い対策をするときには?

足の臭い

 

足の臭いについて

体臭の中の一つで、多くのかたが悩んでいる臭いに、足の臭いがありますね。足の臭いは独特ですので、普通の体臭と違って、すぐに足の臭いだということが、他人にわかってしまうのです。

 

日頃、毎日お風呂に入るなど普通に清潔にしているつもりでも、長時間、靴を履いたままのときはどうしても蒸れてしまって、臭いが発生してしまいますね。とくに、夏の暑い時期には多くのかたが悩むことのひとつでしょう。

 

普通の人間の足だけでも、一日にコップ一杯くらいの汗をかくと言われています。それだけの汗を靴の中でかくとしたら、臭いが発生するのも頷けますね。しかし、足の臭いは冬も油断できないので、結局、年中、予防に気を付けていなくてはなりません。

 

冬はブーツを履く女性の悩みのひとつでもあります。足の臭いが発生しますと、人前で靴を脱ぐことができないという窮地に陥ります。人の家にお邪魔するときなどには、特に気をつけなくてはならないでしょう。

 

また、飲食店などでも靴を脱いで座敷に上がるタイプのところがあるはずですが、そのようなところでも気をつけてくださいね。楽しいはずの座敷の宴会などで、足の臭いが気になって充分に楽しむ事が出来てない・・・もしくは、周りに不快な思いをさせていないか気になってしょうがない・・・このような事なのですね。

 

実際、これは足の臭いだけ気をつければ良いのではなくて、靴のほうにも当然、臭いや菌はついているため、靴の手入れにも気を使用していただきたいと思います。

 

いくら足のほうばかり念入りに予防しても、靴が雑菌の巣窟になっていては意味がないでしょう。足の臭い対策をするときには、靴も新しいものに変えるくらいの配慮が必要だと思います。