体臭を予防するために食べた方がよい飲食物は?

体臭

 

体臭の予防

体のにおいと飲食物は非常に大きな繋がりがあるんです。体臭を少しでも軽くしたいのであれば、動物性の飲食物を控えた方が良いのは言うまでもありません。また、強い香りの香辛料を、毎日、摂り続けるのも良くないのです。

 

このように、日々、身体に取り入れる飲食物をかえるだけでも、体臭の強さは変わってくるはずです。そしてその上、少しでも消臭効果に繋がる食物を多く食べるようにしたら、体臭の予防に繋がります。

 

飲食物は薬ではないので、食べたり飲んだりしたからといって、すぐに効果を発揮するものではありません。しかしながら、それをしばらく継続する事によっていますと、明らかに体の臭いが弱くなってゆくものです。

 

さて、それではいったい、どの程度の飲食物が体臭を軽減させてくれるのでしょう。まずは、よく言われるものに「緑茶」があります。緑茶には殺菌作用があるという事を聞いた事はございませんか?

 

よく、口臭の予防にいいと言うことは聞きますが、口のにおいに効果的だという事は、体臭にも同じように効果が高いと捉えることが出来ます。緑茶の他には「酢」なんかも効果的で、とくにのみやすいということで「りんご酢」などはおすすめですね。

 

酢も殺菌作用があることで有名です。酢をすごくたくさん摂取したからと言っても、体臭が酸っぱい匂いになるということはありませんので安心してください。

 

しかし、大量に飲んだからといって効果が絶大になる訳ではないんですので、適量にしておくのがいいのかもしれないですね。果実の「りんご」も、消臭効果を持つことが分かっているのです。果物をたべるなら、りんごを選ぶのも良いですよ。

 

 

 

体臭を予防するために食べた方がよい飲食物というのは、意外と数多くあります。海藻類なども大変に効果的です。海藻類には、匂いを吸い取ってしまう成分が含まれているので、体臭の予防にも高い効果を発揮します。

 

特に、アンモニア臭の吸収に優れています。頑固な便秘からの体臭が気になるかたは、腸の調子を整えてくれるオリゴ糖がオススメです。砂糖は、毎日のように色んなお料理に使用する調味料ですから、これをオリゴ糖に変えることで、毎日、オリゴ糖を摂ることが出来るようになります。

 

そうしますと、だんだん腸の内部の善玉菌のほうが優勢になってきて、腸の調子がよくなり、便秘が解消されて、体臭も気にならなくなると言った好循環が起こるのです。また便秘からの体のにおいだと思われる場合には、食物繊維が豊富な野菜類も良いですね。

 

食物繊維自体が匂いとなる物質を包み込んで、体の外に排出してくれますし、善玉菌の餌にもなりますから、根本的な体の臭いの予防に大変効果を発揮します。赤ワインに多く含まれる「ポリフェノール」も消臭効果には優れているようです。

 

他のさまざまな成分との総合作用によって、消臭時間が長く持続するという嬉しい働きも持っています。但し、赤ワインはアルコールですから、飲みすぎますと、アルコールによる体のにおいが強く出てきてしまいるため、体臭予防のためと思って飲むのであれば、ごく少量にしておくといいですね。

 

これらの飲食物は、一度にたくさん飲んだり食べたりしても、即効果が表れるわけではありません。適量を長く続けることが大切なのですね。