体臭を予防する衣類の素材って?

体臭

 

体臭の予防

日頃、着ている洋服が体臭のもととなる場合もある・・・ということをご存じからなのでしょうか?当然、汗や皮脂で汚れた洋服を洗わずにいつまでも着ていたのでは、嫌な匂いを発して当たり前のことですが、そうではなく、素材などの面に気を付けることによって、体臭の予防にもなります。

 

もともと体臭を気にしていらっしゃるかたなどは、特にだといえるはずですね。出来るだけ、吸水性がよく、通気性にも優れた素材を選ばなくてはならないでしょう。つまり、洋服を選べねきには、デザインや価格で選ぶよりも、素材をもっとも優先しなくてはならないということになります。

 

どういった素材が体臭を発しやすくするかと申しますと、ポリエステルなどと言った化学繊維ですね。殆どの化学繊維は吸水性が悪いために、汗をかいても衣服に吸収されず、肌の上にそのまま汗が残ってしまうことになります。

 

そういたしますと、皮膚の上の雑菌が大繁殖してしまい、体臭となって周囲に悪臭を振りまくことになります。これが、木綿の衣服の場合ですと、汗を大量に吸いとってくれるのですが、今度はそのまま衣類に留まってしまうのです。

 

気温が高い時期で、すぐに乾いてしまえばまだよいのですが、いつまでも乾かな今まですと、これもまた匂いを発することになります。直接的な体臭ではありませんが、衣類から体臭と同じような匂いがするという事になります。

 

このような頻繁に言われている汗臭い匂いが気になるかたの予防策としては、少々高価ですが、シルクの衣類が良いですね。シルクは吸湿性も放湿性も両方ともに優れた繊維です。

 

また、最近では合成繊維であっても吸水性や速乾性に優れたものも売っているので、衣類での予防はどなたでも簡単にできますね。