メタボ臭を予防するには?

体臭

 

メタボ臭について

まだ「加齢臭」という言葉ほど世間には広まっていませんが、体臭のなかには「メタボ臭」と呼ばれるものもあります。メタボ・・・はもうお分かりと言われています。

 

こちらは「メタボリックシンドローム」を略した言葉ですが、簡単にいうのですと、「内蔵脂肪型肥満」にプラスして高血圧、または高血糖、または脂質異常症のうちのどれか二つ以上を合併した状態のことを言います。

 

このメタボリックシンドロームになりますと、体臭が発生する可能性が高いのです。

 

そもそも、内臓脂肪症候群そのものが、身体には大変な負担となり、健康を大きく害するものでもありますので、予防というよりも、すでにメタボになってしまっているかたは、まず、ここを改善することを努力しなくてはならないでしょう。

 

メタボ臭がするからといって、ただ表面的になんらかの別の強い香りで隠すなどする事でも、匂いの原因がメタボリックシンドロームであるため、いつまでたっても匂いが消えるということがなく、逆にもっと強くなってゆくばかりのですよ。

 

一般的に、メタボ臭の匂いは、加齢臭とほぼ同じものと思われていることでしょうね。これは、たぶん、メタボリックシンドロームになってしまうかたが、中年以降の男性に多いからだと思われます。

 

ちょうど加齢臭が発生する時期と重なっていることから、そのようにとらえられるのでしょう。しかしながら、中年以降の男性であっても、内臓脂肪症候群になっていないかたも大勢いらっしゃいますから、そういうかたがたにメタボ臭はありません。

 

そのため、メタボ臭の予防と言いますと、メタボにならないために暴飲・暴食を避けるなど日常の生活習慣を変えることから始めることものです。