食べ物に気を配り体臭を予防する?

体臭

 

体臭の予防

体臭というのは、身体の中から匂ってくるものも多いです。そういった体臭の元になるのは、なんらかの病気だったりする場合もあるのですが、それ以外では食べ物が要因となっている場合が多いです。と、いいますのも、人間というのは食べたものをエネルギーに変えて生きていますから、人間の身体そのものが食べたものから作られていると考えるべきでしょう。

 

そうしますと、自然に体臭の要因としては食べ物にもあるということがわかりますね。食べ物に気を配ることは、体臭の原因ともなる根本的な部分を改善されるケースでもありますから、これは強力な予防であるとも言えるかもしれませんね。それでは、いったいどのような食べ物が体臭の原因になるのかをお話いたにして下さいね。

 

まず、強い香りや味のする香辛料。これは、非常に体臭に影響いたします。日々のお料理に香辛料をかず多く使用する国へ行きますと、みなさん、体臭も強いですから、すぐにこれが事実であるということがわかると思います。

 

日本人は、たまに強い香辛料のお料理を食べることもあるでしょうが、毎日ではありませんから、これが原因になっているケースは少ない方だといわれているのです。しかしながら、ニンニク、ニラ、キムチ等々、お好きなかたは多いですね。

 

これらの食品は、匂いがキツイと言われておりながらもパワーが出るとされていることもあり、頻繁に食べるかたも多いかもしれません。もしも、体臭が気になっているのでしたら、少し控えめにするなり、食べる間隔をあけることが体臭の予防にもなるでしょう。

 

 

体の臭いの大きな原因となっているものに「食べ物」があります。ニンニクやニラなど、匂いの強い食べ物に関しましては、言うまでもないことかもしれませんが、それ以外の、一見それほど匂いなど発していないように思える食べ物や飲み物であっても、体内に入ると体臭の元となる飲食物がけっこうあると思います。

 

例えば、動物性タンパク質はその代表的なものでしょう。特別、嫌な体臭という訳ではないんですが、動物性タンパク質を多く食べる国の人々は、日本人にはあまり多くない種類の体臭を発しています。海外旅行へ行きますと、外国のかたがたの側で、そのような体臭を感じることが多いと思います。

 

それは、我々日本人とは食べ物が違っていると言うことでもあるでしょう。動物性タンパク質と言いますと、主なものとして肉類、チーズやバターなどの乳製品が思い浮かびますが、これらの中には体臭の原因となる脂肪がたくさん含まれているのです。

 

当り前ですが、脂肪自体は、大切な栄養素でもあるでしょうが、多く摂りすぎることによって、過剰な脂肪が血液によって運ばれ、皮脂腺などから外部に排出されてしまいますから、それが体のにおいの原因になるわけです。

 

確かに、肉類など動物性タンパク質を多く摂る国の人々は、少し脂っぽいような匂いがする事があります。当然、そのような国にもベジタリアンのかただっていらっしゃるかもしれませんねし、肉類や乳製品を好まないかたもいらっしゃいますから、全員に当てはまるという訳ではないんです。

 

しかし、日本人だったとしても動物性タンパク質を摂り続けることによって、こういった体臭になってゆくのは明白ですから、予防を思ったらば極力これらの食品を摂らないということでしょう。体臭の予防として控えめにしていたところが、身体も健康になって一石二鳥と言う結果になるのも楽しみでしょう。