多汗症の治療は美容外科のほうがいい?

多汗症

 

多汗症治療の病院

多汗症は、急ぎの治療が必要ないので、複数の病院でみてもらっても良いのです。みなさんも、ごぞんじの言葉、セカンドオピニオンと言うものがありますが、他の病院で違う医師に相談してみることも大切です。

 

多汗症の治療に限らず、どんな病気もだといえるでしょうが、自分に合った治療方法を提案してもらい、自分がそれに納得してからに、治療をスタートすることが一番の方法なのです。特に、多汗症はすぐに対策をしないと、命に関わるというわけではないので、気を長くもって、そして、慎重に治療方法を考えることが可能でしょうよね。

 

さて、多汗症の治療法のひとつに、注射という選択肢があるのではないでしょうか?これは、ボトックス注射と呼ばれていますよね。ボツリヌス菌を体の中に注射することで、交換神経を抑制して、汗腺の働きを一時的に防止しようと言う治療方法です。

 

比較的、気軽に済むことから人気のある治療方法だといえるでしょう。また、不安や緊張から起こる多汗症の場合、精神性発汗を抑える事が有効ですから、精神療法と言う方法も有効でしょう。この治療方法は、精神科、心療内科などを受診して、精神療法を施すという方法です。

 

精神療法であれね、手術や注射などではなくて、カウンセリングなどが中心となり、心の不安を取り除いて、精神的要素で発汗してしまうことを抑える治療方法です。

 

通常であるなら、多汗症の治療を受けたい場合、皮膚科に通う事となります。汗は当り前ですが、皮膚から出ているので、皮膚科の診察を受けることが一般的で、そのまま、皮膚科で治療を進めることになることも多いでしょう。

 

 

患者さんの症状により、別の科での治療を勧められる事もあるのですが、始めに受診するのであれば、皮膚科の病院で大丈夫のだそうです。また、多汗症は、美容外科で診てもらうこともできます。美容外科では、汗腺を焼く手術を行っていますので、必要があれば、そこで手術を受けられます。

 

多汗症だけでなく、ワキガなど、美容外科でしたら、治療可能な病院もあります。ですから、皮膚科に通うに限ったことではなく、治療をうけるために、美容外科を受診するということも選択肢に入れて良いのではないでしょうか?

 

美容外科はあまり馴染みのない病院だはずですが、多汗症にお悩みの方は、思い切って受診してみることもよいでしょう。

 

では、どのようにして、病院を選んだらよいのでしょうか?どの病院で実際に治療を続けるのか、焦ることなく、自分に合っている病院を探してみてもいいかもしれませんね。皮膚科に行ってみたり、美容外科に行きみたり、いろんな病院で相談してみることも良いでしょう。

 

多汗症について相談することは、デリケートな部分でもありますし、女性の方は特に、多汗症に関して話しづらいという点もあると思います。ですので、医師の印象や、病院の感じなんかもポイントになるかなのですね。

 

男性医師より、女性の医師のほうが、相談しやすいということであれば、そうした病院を選ぶ事も良いかもしれませんね。また、何回、病院に通うことになるのか、どれくらいの期間、治療をすることになるのかも確認しておきましょう。