多汗症治療の汗腺を抜き取る方法

多汗症

 

多汗症治療の皮下組織掻爬法

多汗症やワキガの治療方法で行われている手術の中で、汗腺を抜き取る方法があります。これは、皮下組織掻爬法(ひかそしきそうはほう)と呼ばれている治療方法で、わきの下の中央部あたりに、メスで数センチだけ切開します。

 

この切り込みから、キューレットと呼ばれている、刃つきスプーンのようなものを差し込んで、皮膚の裏側をこすって汗腺を取り除くという方法です。ここには、アポクリン汗腺や、エクリン汗腺、また、皮脂腺があります。これらがワキガ、多汗症のもとになる汗腺であり、これをこすりとってしまう手術です。

 

皮下組織掻爬法は、どうしてもメスを入れるため、その後の傷跡が気になるところですが、シワに沿ってほんの小さな切り込みをいれるだけなので、回復も早く、ダメージも少ないことが特徴です。気になるような大きな傷跡は残りませんので、メスを入れる手術だとしても、安心して受けられます。

 

皮下組織掻爬法は、皮膚をほとんど切らないため、ほんの小さな穴から、手さぐりで汗腺をかき取らなければなりません。ですから、よほど、キューレットの扱いに慣れている医師でなければ安心して任せられないでしょう。

 

わきの下の皮膚の裏を、多方面にわたって引っ掻くことをするので、熟練した技術がないと、その周辺の皮下組織を傷つけてしまうケースもあるみたいです。皮膚組織がダメージを受けると、手術のあと、回復にも時間がかかるでしょう。また、反対に慎重になりすぎて、損傷を恐れていては、腺類が取り切れない事もあるので、充分な効果が期待できません。

 

 

皮下組織掻爬法ですべての汗腺が取りきれるわけではない為、多少、症状としては残ったとしても、手軽で、傷跡が残りにくい手術であることは間違いないのです。だからと言って、完全に治療できるわけではないので、ワキガや多汗症を確実に治療したい人は、別の方法を選んだ方が良いはずです。

 

原則、皮下組織掻爬法といった治療方法は、健康保険による手術の対象となっています。ですが、皮膚科や、形成外科を除いた、美容外科などで、この手術を受ける場合、皮下組織掻爬法の手術に健康保険が適用されない可能性もありますので、手術をうける前に病院に確認が必要です。

 

多汗症やワキガ(アポクリン腺からの分泌物や分泌畭常などが原因だと考えられています)は、人それぞれに症状が違います。軽度の方もいらっしゃれば、重度の方まで、いろいろです。そして、どこまでが軽い多汗症で、何処からが重い症状なのかと言うような、基準が明確でもないでしょう。

 

ワキガ、多汗症とも、自覚症状によって判断されることがほとんどです。大なり小なり誰もが気にしている部分であり、多汗症やワキガではない人だとしても、脇の汗は如何しても気になってしまう部分のだそうです。

 

どのような治療が自分に合っていて、どの程度の手術を受けるのが良いのかは、当事者にとって、非常に重要な問題です。本人が希望したとしても、場合によると、皮下組織掻爬法が相応しくない可能性があるのです。ですから、納得が行くまできちんと主治医と話し合い、説明に納得した上で、治療をスタート行う場合が大切です。