多汗症と辛い食べ物との関係

多汗症

 

多汗症と食べ物

みなさんは、多汗症ってどういうことが原因で起こる病気なのか、ご存知でしょうか?多汗症の要因として、考えられているものは、不安感だったり、緊張感だったり、ストレスだったり、精神的要素が挙げられるでしょう。

 

ですから、多汗症の治療として、病院で手術すると言う選択肢のほかにも、心療内科で話を聞いてもらい、不安などを除外する治療を受ける事も、選択肢のひとつです。多汗症に悩む方は、一人で考えこまずに、病院で相談すれば、適切な治療をうけることができます。

 

ですが、多汗症だと分かっていても、なかなか病院に行く時間がない方もいらっしゃるでしょう。また、病院に行くほど、ひどい症状ではない方もいらっしゃると思います。そのような方は、なんとか自分で対策を施そうと、いろいろな方法を試されている方が多いです。

 

例えば、ドラッグストアに販売するような、汗を抑えるグッズや、スプレーなどを使って対策をしている人もいらっしゃいます。これらのグッズで汗を抑えてられれば良いのですが、それでも大量の汗で悩むと言う方の場合なら、自分の食事を改善してみてはいかがでしょうか?

 

多汗症の要因として考えられるものと言えば、そのひとつに食べ物ということがあげられます。皆様も、経験があることでしょうが、食事をしながら汗をかくことってあると思います。熱いラーメンを食べたり、タンタンメンなど辛いものを食べたりすると、大汗が出ますが、これは、多汗症ではない方も出ると思っております。

 

 

辛いものを食べて、汗が大量に出るからと言っても、それだけの症状では、多汗症の治療は必要ありません。何もない時にも、大量の汗が出る方が多汗症なのですが、そんな方がこのような食べ物を食べると、当然ながら、余計に発汗してしまいますよね。

 

食べ物の中には、唐辛子などを始めとして、発汗を促すものもありますので、多汗症の方は、食生活の改善をすることで、多汗症が改善されたり、治療になったりするわけです。では、多汗症の方は、どのくらいの食生活を送るように気をつけたらいいかもしれませんね。

 

みなさんも、ご存知のように、トウガラシなど、辛いものを摂取したら汗をかきますよね。カプサイシンの成分は、発汗作用がありますから、これがダイエットに良いとされていますが、多汗症の方でしたら控えたほうが良い食品です。辛い刺激物を摂取する際は、誰でも、味覚性発汗という汗をかきます。

 

そこまでは、一般的な状態なのですが、これが、過剰な状態になってしまったら、味覚性多汗症と呼ばれている病気の一種となります。これも、多汗症の症状のひとつです。

 

ですから、辛いもの、また、香辛料(シナモンやウコン、ショウガなど、漢方薬でも使われるものもあります)などが含まれている食べ物は、なるべく食べないように心がけたほうがいいかもしれません。

 

それから、お肉など、動物性脂肪については、これらを食べ過ぎないように気をつけます。お肉中心から魚中心の食生活に変更してみましょう。また、体が暑いからと言って、冷たいものばかりを食べることも控えましょう。