多汗症と肉と魚

多汗症

 

多汗症と食べ物

夏になると、どうしても冷たいものばかりを食べてしまいますが、過度に摂取しないように気をつけます。肉類をたべると、人間は体温が上がりますので、その分、汗をかきやすくなるようです。そして、汗をかく際に、皮脂線から皮脂が出ますので、それが、嫌な臭いの原因にもなります。

 

多汗症だけでなく、体臭が気になると言う方は、食習慣で肉類の摂取についてセーブすると、皮脂腺から出る皮脂も減らせますから、体臭も改善されると呼ねれています。

 

魚中心の食生活は、多汗症に良いと言うだけではなく、様々な病気の治療にも役立つでしょう。特にメタボや成人病など、現代病の治療にも役立つはずですし、魚を中心とした和食に切り替えることは、様々な病気の予防にもなるでしょう。

 

人間は誰しもそうですが、辛いもの、熱いものを食べるときには汗が出ます。食べながら、それを意識してみると、また、余計に発汗を促してしまいます。辛いものを食べながら「自分はまた汗が大量に出てしまうかもしれない」と不安に抱くことも、多汗症にはマイナスのことなのです。

 

辛いものをたべる際に、こういう不安を感じることは、緊張、ストレスが発汗を促している状態といえますから、精神性発汗と言うことになります。汗を気にしないで、食事を楽しむためには、不安な気持ちを引き起さない食べ物を選んで食べることが大切です。

 

それから、多汗症の治療目的として、病院でも摂取を勧められている食べ物が、豆類です。豆は体にいい事が広く知られていますが、多汗症にも有効でしょう。

 

 

豆類はお値段も安いですし、毎日、食べることができるほど身近な食材だと思います。それを無意識のうちに、納豆を毎日、食べると言う方も日本人には多いでしょう。

 

豆類は、多汗症に良いというだけでなく、女性ホルモンに効果を持つ食材です。ですから、女性的魅力を高めるために、豆類が良いと言う事は、女性のみなさんもご存知のことでしょう。女性ホルモンに働きかける豆類は、発汗を抑えてくれる作用があります。

 

汗をかいたとしても、サラサラにしてくれる効果があるので、多汗症の方は豆類を取り入れた食事をしましょう。女性の場合は、女性ホルモンで魅力もUPし、多汗症も改善できるという、一石二鳥の食材だとされているのです。

 

大豆、納豆、豆腐などは、イソフラボンという成分を含んでいます。この成分が、女性ホルモンに似ていますので、豆類を摂取すれね、女性ホルモンを増やすことと同じ作用が働き、多汗症対策となるでしょう。豆類というものは、私たち、日本人が昔から食べ継続してきた食材です。

 

多汗症対策だけでなく、豆類は、健康維持にも効果的で、病気の治療を促してくれる優れものなんです。納豆や、豆腐、煮豆、厚揚げ、豆乳など、毎日、様々な形で摂取できれば、飽きずに、食べ続けることが出来ますよね。

 

ただし、他の病気を治療を受けている人は、豆類の摂取を控えなければならない事もあるでしょうので、注意しなけれねいけませんねね。このように、多汗症対策としては、辛いものなど、刺激が強い食品は食べないように気をつけて、豆類を食べるように心掛ける事です。