1型糖尿病は食事療法と運動療法、インスリン療法が必要

糖尿病

 

糖尿病の種類と治療

糖尿病と言った病気は、自分でわかりにくいことも、症状を悪化させる原因のひとつとなっています。最初の頃であれば、糖尿病になっていても、自覚症状がありませんので治療も受けない方が多いものです。自覚可能な症状がまったくない方であっても、健康診断などで、ひっかかる場合もあるかもしれませんね。

 

そして、自分は糖尿病であるとわかりますが、どこも悪くありませんから、そのまま治療もせずに放置されるケースが多いです。本来であれば、健康診断で糖尿病とわかったら、早期治療をスタートすべきところを、自覚症状を感じないため、特に病院に行くこともなくやりすごしてしまう方が実に多いのです。糖尿病は、一度、発症してしまったら、体はますます悪くなっていくはずです。

 

糖尿病治療というのは、薬を服用して完治させる事もなく、手術で治すということもありません。糖尿病の治療と言うものは、血糖値が高くなりすぎないようにコントロールすることです。血糖値が上がりすぎないよう、普段の食事を改善する、運動をするなど、それが治療となります。要するに、糖尿病の方は、普段の心がけが治療となるわけです。

 

具体的に糖尿病の治療法を見て見たら、それには3つの方法があります。まずは、食事療法で、それから、運動療法、そして、薬物療法です。これらの三つが基本と言われています。中でも、一番、大切なことが、食事療法によってす。糖尿病と言う病気は、みなさんもご存知の通り、血液中のブドウ糖が通常より多くなってしまう病気なのです。

 

 

血液中のブドウ糖がエネルギーに上手く変わらず、高血糖になってしまう病気が糖尿病です。このブドウ糖の摂取は、食事からとるのですので、その食事をコントロールする必要があります。例えば、糖質やエネルギーの接種を制限して、高血糖にならないようにメニューを工夫する事が必要で、これらを食事療法と言っています。

 

そして、糖尿病の運動療法ですが、食事療法と同じように大切な治療法です。運動すると私達の体は、ブドウ糖の消費が多くなるようです。また、インスリンの働きもよくなりますので、運動することは、血糖値を下げるためにはとても有効な方法です。

 

そして、糖尿病の薬物治療ですが、インスリン療法や、経口血糖降下薬によっての治療が行われいます。インスリン療法は、みなさんもご存知の方が多いように、インスリン注射を打って、直接、体の内にインスリンを入れる方法です。

 

また、経口血糖降下薬は、のみ薬を服用し、血糖値を下げる治療方法です。糖尿病の患者さんには、食事療法、運動運動療法、そして、薬での治療の中から、その方に合わせた治療方法をいくつかくみ合わせて行われます。

 

1型糖尿病の方は、食事療法と運動療法、それにプラスして、インスリン療法が必要となっています。1型糖尿病とは、糖尿病のなかにも、インスリンの絶対量が不足しているタイプであり、それを補充する治療法がとられます。一般的に、この1型糖尿病は、若い人に発症しやすく、別名が若年性糖尿病と呼ばれています。