2型糖尿病は食事療法と運動運動療法、血糖値コントロールが必要

糖尿病

 

糖尿病の種類と治療

インスリンは、そもそも、膵臓にある、ランゲルハンス島のB細胞と言った場所から、分泌しています。だからといって、体に入ってきたウイルスを攻撃する為、自己免疫機能の働きが起こり、そのウイルスを撃退しようとするのですが、その過程で、自分の体の細胞もなんでか異物として攻撃してしまうことが原因だと思います。

 

ランゲルハンス島のB細胞がその攻撃を受けてしまうので、結果、インスリンが分泌されなくなるでしょう。自己免疫反応が間違って起こる事で、インスリンが分泌出来なくなり、血液中のブドウ糖を上手に処理できなくなっているのが1型糖尿病です。ちなみに、こういう自己免疫反応は遺伝的な因子が強いと考えられているんですね。

 

2型糖尿病の方は、治療方法として、1型と同様で食事療法と運動運動療法、それから、血糖値をコントロールしていって下さい。2型糖尿病とは、1型とは少し違って、膵臓からのインスリン分泌量が少ないタイプです。

 

また、インスリンの分泌される時間、つまり、タイミングが遅いと言う症状の方です。このような原因で、インスリンの効き方が弱いため、常に血糖値が高い状態になってしまいます。日本人は糖尿病になる方が多いですが、1型よりも、2型糖尿病の人が多いと言われています。

 

自覚症状が最初のうちはないので、当然、治療も開始されません。発症していることに気が付かないで、悪化させてしまう患者さんが多いと言われています。この2型糖尿病は、糖尿病になりやすい人のタイプがあり、例えば、肥満や過食のほうがそうです。

 

 

他にも、ストレスの溜まり易い方、運動不足の方など、環境的な原因により発症します。周囲をみても、糖尿病を治療している方は、肥満体質の方が多いんです。私の親戚で、糖尿病を治療中のおじさんやおばさんがいらっしゃるでしょうねが、皆さん、やはり、肥満体質です。

 

糖尿病になりやすい方は、その体質が遺伝しているケースが多いので、親が糖尿病になった方は、自分も危険性があると思って注意しましょう。また、親がそうでなくても、自分が肥満体質である場合は、糖尿病にならないように自分で気をつけなければならないでしょう。

 

肥満はいろいろな病気を引き起こしてしまう原因にもなってしまうので、見た目だけじゃなく、健康になるためにもダイエットすることが大切になるのです。

 

2型糖尿病治療については、通常と同様に、食事療法や、運動療法を合わせて行い、血糖値が高くならないようコントロールしていって下さい。それでも症状が改善されない方については、さらに、インスリン注射で直接 体にインスリンを注入するか、飲み薬を使用します。

 

症状の軽い方でしたら、食事療法と運動療法、この2つだけで治療がおこなわれるケースが多いです。もし、食事療法と運動療法で、症状が改善されない場合は、経口血糖降下薬を使って治療していきます。それでも、悪化する場合は、さらにインスリン療法を行っています。

 

ご紹介してきましたように、一言に糖尿病と言っても、1型、2型とタイプが分かれており、要因となっていることも違いますし、治療方法も若干、違っているのですよね。どなたでも、糖尿病になってしまう可能性はありますから、糖尿病に関する正しい知識を持つことや、ただしい治療方法を知っておくことは大切なことだと言えるでしょう。