インスリンがすい臓から分泌されています

糖尿病

 

糖尿病とは?

みなさんの周囲には、糖尿病の方はいらっしゃいますか?家系的にあらわれることもあって、親戚や親など、糖尿病の人が多い家系の方は、自分もそうなってしまった確率があります。糖尿病は生活習慣病なので、親がきちんとした食生活をしていなければ、次第にお子様達も同じような症状になってしまうわけです。

 

糖尿病は、心筋梗塞、心臓病と同じように、きちんと対処しなければ命に関わってくる病気です。現在は、生活習慣病として、社会問題にもなっていますので、糖尿病になってしまったら放置せず、治療をすぐに開始するべきですね。

 

さて、糖尿病はよく「糖が出た」と言いますが、実際にどのような病気なのか、詳しいことをご存じの方もそれほど多くないといわれているのです。生活習慣病の糖尿病は、誰でも発症してしまう可能性がありますよね。

 

実際に糖尿病になってしまった際は、出来る限り早く治療をスタートすることで、病気が治る可能性が高くなります。ですから、糖尿病がどのような病気なのか、みなさんも理解しておくといいでしょうね。

 

通常、ブドウ糖という糖が私たちの血液の中に含まれています。糖尿病とは、血液中に含まれる、そのブドウ糖の濃度が高い状態になってしまうことで、それが持続してしまう病気です。

 

ブドウ糖とは、別名、グルコースとも呼ばれ、果実やハチミツなどに多く入っている糖分の一つです。血液中にも、通常は約0.1グラム、含まれています。

 

ブドウ糖は通常、外から接種しています。例えば、パンやご飯など、食べた炭水化物が体内で分解されて、消化され、やがて、ブドウ糖になっています。

 

 

人の体にはインスリンと呼ばれているホルモンがあり、このインスリンがすい臓から分泌されています。通常、健康な方でしたら、食事をしたときに体内で作られるブドウ糖、アミノ酸などが、体の中で吸収されたら、すい臓から自動的にインスリンが出てきます。

 

インスリンが働くと、血液に入ってきたブドウ糖は筋肉組織などにも取り込まれるようになります。このことで、血糖値が一定以上にならないように調節してくれるものです。

 

インスリンの量が、悪い生活習慣の積み重ねによって、または、突然の異常によって、減少するケースがあります。また、上手く機能しないようになり、と糖尿病になってしまいます。

 

インスリンが血糖値を下げると言う本来の機能が弱くなって、血糖値が高いままになる病気が糖尿病ではないでしょうか?ですから、糖尿病になってしまうと、薬で治療する方法や、インスリン注射をする治療方法が行われていることでしょうね。

 

また、糖尿病が元となり、やがては様々な症状が体中に出てきてしまう病気でもありますので、治療も多方面に亘ってしまいるため、そうなってからでは遅いですよね。日頃から出来るだけ、自分で予防しておかなければならないのです。

 

主婦の方であるなら、旦那さんが糖尿病にならないような食事を作ってあげたり、1人暮らしの方でも、ファーストフードばかり食べないように気をつけたりと、普段の食生活に気をつけましょう。食生活を正すことは、糖尿病に限らず、他の病気を予防する為にも、とても大切なと言う事です。