糖尿病の合併症で目が悪くなる?

糖尿病

 

糖尿病の合併症

特に目の病気は、糖尿病が長く続いた患者さんに多く起こっています。私の知り合いでも、糖尿病を長く治療中の人がいますが、最終的には、目がかなり悪くなってきました。年齢のせいもあるでしょうが、今はほとんど目が見えていないようで、生活にすごく困っている様子です。

 

目の治療も出来ず、視力が飛躍的低下したまま、いつもの暮らしをしています。このように、糖尿病は、症状が進むと目に、いろんな影響が出てきますが、網膜症や、白内障などが合併症としていちばん多いものです。

 

網膜症は、網膜の細い血管の中に、小さなコブが出来てしまったり、出血が起きたりして、視力が著しく悪くなる病気です。糖尿病の治療で、この網膜症を防ぐためには、正しい治療を受けることは当然のこと、細小血管の病変を変化させてしまうような要素があるほかの病気、例えば、高血圧などもちゃんと治療する事が大切です。

 

心臓病の中で、糖尿病と最も関連のあるものは、冠状動脈硬化です。この動脈硬化があると、狭心症、また、心筋梗塞が起きやすくなると思います。日本人は、もともと高血圧の人が多いですが、糖尿病になってしまうと、通常よりも高血圧が起きやすい体になります。

 

ですので、動脈硬化に高血圧が合わさると、脳卒中が起きやすくなります。そして、糖尿病を治療してる人が、脳卒中になってしまうケースにおきましては、ほとんどが脳出血ではなく、脳血栓なのです。脳血栓は、脳梗塞、また、脳軟化症があげられます。

 

 

生命にかかわる大きな病気を、糖尿病が引き起こすのですから、やはり、糖尿病を軽く考えず、治療はしっかりと受けるべきでしょう。それから、糖尿病は腎臓の病気も引き起こします。糖尿病患者の方のうち、20パーセントの方が、たんぱく尿が出るそうです。

 

たんぱく尿が出るということは、糖尿病患者においては、腎臓に異常があると考えます。糖尿病によって、腎臓に病変を起こしていた病気として、糖尿病性腎症、また、ネフローゼ症候群などが挙げられるでしょう。そして、糖尿病に特有な腎臓の病気としては、糖尿病性糸球体硬化症があって、症状は浮腫や、たんぱく尿、高血圧などです。

 

また、糖尿病の合併症で神経障害ってありますよね。30パーセント異常の方が神経痛を訴えたり、手足のしびれ、ピリピリ感、また、感触が鈍ったり、足の裏がほてったりするようです。このように、糖尿病で神経の障害が発生したものを、糖尿病性神経障害と呼んでいます。

 

他にも、糖尿病を放置しておけば、合併症として、肺結核や、皮膚病にもかかりやすくなるでしょう。湿疹、またずれ、掻痒症、おできなんかの皮膚病です。それから、脂肪肝や、胆嚢炎、耳下腺の腫腸、また、歯槽膿漏、性欲の減退などの症状も出るようです。

 

糖尿病だと診断されてた方は、糖尿病がそれだけのことで終わらずに、他の疾患を引き起さないよう、きちんと治療を続けて行きたいものです。場合によると、日常生活が不自由になるばかりでなく、最悪、死亡してしまう方もいますので、そう考えると糖尿病は軽く見てはいけない病気なんです。