糖尿病と音響免疫療法

糖尿病

 

糖尿病と音響免疫療法

みなさんは、中華医学というものをご存知でしょうか?中華医学は、糖尿病や高血圧、高肥満などの病気において、薬を使わず治療していきましょう。中華医学の中で、音響免疫療法と言うものがあります。人間の体は、冷えてくると筋肉を震わて、自ら発熱させ、温めるメカニズムを持っているんです。

 

これを応用して、網構造体で音楽の響きによって、体を震わせます。これにより、体温を37.2から38度に発熱させます。結果、血液が温められ、サラサラにしてくれて、血流を良くします。こういった流れでおこなわれる音響免疫療法は、簡単に言えば、音楽の響きで体を震わせて、血液を温めて、体を健康にすると言う薬不要の治療方法です。

 

血液と血管を震わせると、血液に含まれている赤血球の磁力に作用させて、血管内皮細胞が活性化します。そして、血液が綺麗になり、血管も若返らせ、これにより、糖尿病や高血圧、高肥満を改善していきます。

 

血液中のヘモグロビンは、鉄イオンを含んでいますので、酸素や二酸化炭素、ブドウ糖と結合します。ヘモグロビンの鉄イオンは、通常、細胞に酸素を供給している為、酸化還元機能もアップします。

 

血液の中でどのようなことが起きているのかと言いますと、血液中のブドウ糖と、ヘモグロビンが結合し、グリコヘモグロビンとなります。そもそも、糖尿病は、血液の中にある余分なブドウ糖と、ヘモグロビンが結合してしまうことで、高血糖状態になることが原因のですよ。

 

 

糖尿病の高血糖状態を防ぐため、体を震わせて、響きによる激しい運動効果を期待します。それによって、新陳代謝がアップし、血糖を下げて、体質を変えて行きますので、やがて、高血糖状態が改善されます。さらに、インシュリンの分泌を正常化することも期待出来るでしょう。また、毛細血管を再生、腎臓のろ過機能もUPさせます。

 

血液は色んな疾患と大きく関係しています。血液がさらさらで循環がよければ、さまざまな疾患を遠ざけることができて、血液を改善できれば、疾患の治療に繋がります。病気になってしまった場合には治療のために薬を飲むという行為は、当たり前に行われていることによりすが、当然のことながら、血液に薬が混入します。

 

血液に薬物が入ると、腎臓や肝臓などの臓器の機能が低下する事を招く可能性もあって、病状を悪化させるケースもあります。この点を避けるため、中華医学というものは、「血液に薬を混入させない」ことを基本としているんです。

 

音楽の響きで、脊髄に集中的にいる血液や血管を震わせて、自ら体を発熱させ、血流の流れをサラサラにし、体の本来の機能を高めようとしてする治療方法です。血液の流れが良くなれば、体中の細胞に酸素や栄養、熱を運びますし、同時に老廃物を排泄する為、細胞を元気に保ってくれます。

 

反対に、淀んでしまった血液の流れは、不要な老廃物を溜め込み、血液がドロドロとなり、高血圧や糖尿病などは悪化しますし、さまざまな病気の要因となるのです。糖尿病が進むと、目に症状があらわれる方が多く治療が不可能になってしまい、最悪の場合、失明してしまうケースもあります。