糖尿病の治療のために食べていいもの食べてはいけないもの

糖尿病

 

糖尿病の食事療法

糖尿病の治療で、代表的なものに食事療法と言うものがあります。治療方法と聞くと構えてしまう方も多いようですが、それ程難しいものではありません。健康的な食生活をすることと、特に変わりはなく、食べすぎることを避けて、栄養をバランスよく摂取できるように気をつけます。

 

また、肥満にならないように、標準体重をキープするようにな食生活をしなければならないでしょう。要するに、一日、どれくらいの摂取カロリーなら良いのか、それを計算し、自分でたべる量やメニューを制限していく事です。簡単に言えば、各種の栄養素をバランスよく取りながら、かつ、摂取エネルギーを守ると言ったところのだとか?

 

と言うことで、最初に自分がどれくらいのカロリーを1日に摂取すべきなのか、知っておく必要があるでしょう。それは、今の体重から計算するのではなく、標準体重から計算したものが目標になります。

 

標準の体重とは、簡単に言いますと、身長から100を引いて、それに0.9をかけたものです。猶予としては、この体重の十パーセント増し、また、10パーセント減が範囲となります。

 

糖尿病を治療を受けている方は、必要エネルギーがいくらなのか、お医者さんに相談して指示を仰ぐ事をオススメします。また、実際に糖尿病にはなっていないけれど、肥満体質なので、予防したいという方でしたら、先ほどの計算式でよいでしょう。

 

目安としては、通常の社会活動を営んでいる人であれば、標準体重、1キロにつき、30キロカロリーと言った計算となっているんです。

 

 

例えば、体重が60キロの方であれば、1800キロカロリーとなる為、それを目安に食事を取るようにします。その人に取っての必要カロリーが決まれば、80キロカロリー1単位とした計算も出来るのです。糖尿病患者の人が、治療方法として、食事療法をするようであれね、また、糖尿病を予防したいのなら、この必要エネルギーを単位に換算するという方法を使用してもよいでしょう。

 

1600キロカロリーの人なら、20単位と言う事になり、食品をその分当てはめて考えればよいのです。なぜながら、私たちの身の回りの食品は、カロリーが80で割り切れる食べ物が多いためです。そこで、カロリーで言い表すよりも、手軽に単位の数字で言い表した方が覚えやすいし、計算しやすいためです。

 

ご飯1杯は2単位であり、卵は1個あたり1単位、それから、バナナ1本は1単位と言った感じで覚えることができます。計算が面倒な方はこういう単位で数える方法を使ってみると、糖尿病の食事療法に役立つかもしれません。

 

糖尿病の治療方法として知られている、食事療法によってすが、これについて誤解している方が多いポイントがあるそうです。それは、糖尿病の治療のために食べていいもの、食べてはいけないものがあると誤解していることです。

 

糖尿病に良いと言われている食品を非常に多く食べたり、そればかり食べたり、糖尿病に悪いと言われているものを避けたり、食べなかったり、このようなことが糖尿病の食事療法だと誤解している方がいらっしゃるのです。