病院に通っても産み分けが出来なかった場合の対処法は?

女の子産み分け

男の子産み分け

 

子供の性別で産み分けって出来るの?

結婚して赤ちゃんが欲しいと思った時、「男の子がいいなぁ」「一番目は女の子かなぁ」とか男の子と女の子、どっちが産まれるか想像するのは当たり前の事でしょう。後継ぎを産まなければならない等、赤ちゃんの性別が産み分け出来たら良いなと思う人も少なく無いでしょう。もし赤ちゃんの産み分けが出来たらどうでしょうか。きっとそうした悩みに悩んでいる人には朗報でしょう。でも実際問題、赤ちゃんの性別を産み分けるなんて出来るのでしょうか。普通に考えたら、男女の産まれる確率は50%ですよね。これに一般的な産み分け方法を実践する事でちょっと確率を増やす事が出来るそうです。また産婦人科医の指導を受けると更に確率を増やす事が出来るそうです。しかし確率を増やす事が出来ても絶対に100%の確率の確率で産み分けを成功させる事は出来ません。人間が赤ちゃんを産む事は神秘的な物で、それを人間が操るなんて事は出来ないからです。ではどんな方々が赤ちゃんの産み分けをしたいと思うのでしょうか。その理由を一部ご紹介してみましょう。

 

「長男だから後継ぎとして男の子が欲しい」
「一人目とは違う性別の赤ちゃんが欲しい」
「色んな事情で一人しか産む事が出来ないので希望する性別の赤ちゃんが欲しい」
「女の子の方が育てやすいと聞いたし女の子の方が可愛い洋服を着せられるから女の子が欲しい」
「自分の配偶者が性別を希望しているから」
等、色んな事情が有ります。絶対産み分けが出来るとは言い切れませんがチャレンジしてみても良いかもしれませんね。

産み分けは夫婦の共同作業

赤ちゃんの性別の産み分けをするには、妊娠の仕組みや身体の仕組み、男性側の精子の仕組み等、色んな知識を持つ事が必要となります。絶対に産み分けをしたいと強く望むのであれば夫婦が一丸となって協力して実行していかなければなりません。もしどちらか片方だけが産み分けをしたいと願っても、片方にその気が無いとチャレンジする事さえ出来ないかもしれないのです。もし産み分けをしたいのであれば、夫婦でよく話し合い協力し合うと言う意志を持つ事から始める必要が有ります。

 

インターネットを見ると赤ちゃんの産み分けについてどうすれば良いとかたくさん書かれています。そうした事にも夫婦一緒に取り組んでいく事がとても大切になるのです。でも夫婦が一丸となって協力して産み分けをしたからと言って必ずしも希望する性別の赤ちゃんが産まれてくるとは限りません。赤ちゃんが授かるのは奇跡的な事で、まだまだ人間が理解出来ない神秘的な所も有るからです。意気込むのも良いですがあまり追い詰められすぎない様に、成功したらラッキー位に思う様にして実行していきましょう。

 

赤ちゃんの性別を最終的に決めるのは親になる人では有りません。赤ちゃんが望んで、あなた方夫婦の元に産まれてくる為に色んな試練を乗り越えてこの世に誕生してくるのです。産まれてきたら性別にこだわるのではなく、例え希望と違っていても心から祝福してあげる様にしてください。それが夫婦の共同作業なのです。

産み分けをする前に妊娠の仕組みについて

赤ちゃんの性別がお母さんのお腹の中で決まるのはいつ位の事かお分かりでしょうか。妊娠して赤ちゃんの形になってから決まると思っている方もいるかもしれませんが、精子と卵子が受精したその瞬間に性別が決まると言われているのです。つまり妊娠した瞬間に性別がどちらか決まってしまうと言う事になります。ですから赤ちゃんの性別を産み分ける為には、妊娠はどんな仕組みで成立するのか仕組みを知っておいた方が良いと思うのです。

 

妊娠は精子と卵子が受精して成立します。これは皆さんがお分かりの事だと思います。この精子は男性側はいつでも提供出来るのですが、女性側の卵子は約1ヶ月に1回、生理と生理の間に起こる1回の排卵日の時だけ提供出来るのです。このタイミングで受精が出来た場合、子宮に受精卵が到着するまでに1週間で子宮内膜に無事に着床する事が出来たら妊娠成立と言う事になります。

 

そうなると排卵日さえ予測出来れば妊娠する事自体難しくはないと捉えてしまうかもしれませんが、排卵日に受精したとしても受精卵が着床する確率は2〜3割程度と低いのです。その上排卵日を予測して産み分けをするのはかなり難しい事である事がお分かりいただけると思います。ですから妊娠の仕組みをよく知り、理解し、排卵日を予測し、妊娠出来る環境の中で産み分けする方法を試してみると言う事になるのです。そして女性だけじゃなく男性もきちんと理解していただけたらと思うのです。

病院に通っても産み分けが出来なかった場合の対処法は?記事一覧

産み分けの仕組みについて

排卵日当日に性交渉すると男の子が生まれる可能性が高くなると言われています産み分けの仕組みを知る事でより産み分けに取り組む事が出来ると思います。具体的にどういう仕組みで性別が決まっていくのか整理してみましょう。先ずは精子にはY精子とX精子の2種類の精子が存在します。このどちらかの精子が卵子と受精する事...

≫続きを読む

 

女の子の産み分け

X精子とY精子の寿命を考えてのタイミングでも有るそうなので女の子の産み分けを女の子が欲しいから産み分けしたいと言う場合、男の子の産み分け方法を知る事から始めてみてはいかがでしょうか?男の子を産み分ける時は男の子が出来やすい様な環境を作ってあげてチャレンジします。対して女の子を産み分ける時は男の子が出...

≫続きを読む

 

男の子の産み分け

Y精子が有利になる様な環境を作ってあげる事が男の子を産み分け出来るコツになるのではないかと排卵日を予測する事が男の子を産み分けする為に絶対的に欠かせない事だそうです。男の子を産み分けするタイミングは排卵日であるからと言う理由から来ているのですが、排卵日を特定させるのは難しく、大体特定出来る様になるま...

≫続きを読む

 

体位による産み分け方法

無理にすると気持ち良いどころかストレスになってしまって産み分けどころじゃなくなってセックスの時の体位って何か考えてしていますか?セックス時の体位も産み分けに関係していると言います。産み分けをする為の体位は深く挿入するか浅く挿入するかによって分けられるそうです。膣内で分泌液を出していますがこれが体位に...

≫続きを読む

 

食事による産み分け方法

食事でニンニクを食べて気分や身体を盛り上げると言う物です男女の産み分けに関しては、病院で行う物ばかりではありません。昔から食事で産み分けをするという方法が伝えられてきたと言います。男性や女性の身体をアルカリ性に傾かせたり酸性に傾かせたりするのを食事によって行い、結果的に産み分けをするという方法になり...

≫続きを読む

 

膣洗浄による産み分け方法

この方法で産み分けをしたいのであれば産婦人科の指導の元で行うように重曹や酢を水に溶かした物を使って膣洗浄をする方法は昔から有る産み分け方法の1つです。とは言う物の、最近はこうした方法よりピンクゼリーやグリーンゼリーを使った産み分け方法を取り入れる方が一般的になっています。では以前行われていた膣洗浄は...

≫続きを読む

 

二人目は産み分けたい

もし二人目を望んでいて、性別で産み分けたいと考えているのであればチャレンジしても良いと思いますお子さんを持つとしたら性別で産み分けをしたいと思いますか?赤ちゃんの性別自体は受精した瞬間に決まりますが、私達が分かるのは大体5ヵ月を過ぎたあたりなんじゃないかと言われています。5ヵ月位になると胎動も感じ始...

≫続きを読む

 

産み分けの費用はどの位?

産み分けにはお金をかけようと思えばいくらでも、逆に抑えようと思えばいくらでも産み分けをするにあたって心配なのが費用の面ではないでしょうか?不妊治療の場合は凄く費用がかかりますのできっと高いんじゃないかと感じるかもしれませんが、実は2000円以内で出来ちゃうと言う人が凄く多いのです。産み分けに関する雑...

≫続きを読む

 

産み分けの成功率はどの位?

今はこの位の確率であると言う事を覚えておくと良いでしょう産み分けの成功率は100%では有りません。どんな産み分け方法を実行したかでも成功率は変わってくると言います。更に産み分け方法を1つ実行するより、複数実行した方がより成功率も高まると言います。日本で行われている産み分け法で排卵日を測定してそれに合...

≫続きを読む

 

風水による産み分け方法

であれば風水での産み分けを試してみても良いと思いますよ赤ちゃんを産みたいとした場合、どちらの性別の赤ちゃんが欲しいと漠然と思う事が有りますよね。病気を心配しての産み分け以外で有るならば、風水を使って産み分けを試してみるのも良いんじゃないかと思うのでご紹介してみましょう。風水とは風、太陽、土、水、方角...

≫続きを読む