産み分けの仕組みについて

女の子産み分け

男の子産み分け

 

排卵日当日に性交渉すると男の子が生まれる可能性が高くなると言われています

産み分けの仕組みを知る事でより産み分けに取り組む事が出来ると思います。具体的にどういう仕組みで性別が決まっていくのか整理してみましょう。

 

先ずは精子にはY精子とX精子の2種類の精子が存在します。このどちらかの精子が卵子と受精する事で性別が決まると言う仕組みになっています。もしY精子が受精して着床したら男の子が産まれますし、X精子が受精して着床すると女の子が産まれると言う仕組みだそうです。こう考えると性交渉をして男性が女性の膣内で射精をし、受精して着床した瞬間に性別が決まってしまうと言う事なのですね。精子の動きとしてはアルカリ性の中にいる分には活発に動きますが、酸性の環境下では動きが鈍くなる事が分かっています。

 

精子の種類によってですが酸性に比較的強いとされているのが女の子が産まれるX精子、アルカリ性で活発化するのが男の子が生まれるY精子だそうです。女性の身体では膣内が酸性で、子宮にいくとアルカリ性になります。排卵日直前は膣内が酸性度合いを緩めてきますので、Y精子も弱まらずに子宮内に行く事が出来ますので男の子が生まれる可能性が高まるので、排卵日当日に性交渉すると男の子が生まれる可能性が高くなると言われています。

 

更にY精子は寿命が1日しかもたない、X精子は3日間程寿命が有ると言われています。もし女の子が欲しい場合は排卵日の2〜3日前に性交渉をすると、排卵日当日にはY精子が無くなっていてX精子が残っていると言う事になりますので女の子が生まれる可能性が高くなると言う事になります。

産み分けをする問題点について

子供が欲しいと願っている夫婦ですが、古代も今も変わらずに色んな理由で産み分けを望んでいると思います。そして今後も産み分けを望む人が後を絶たない事も予測出来ます。
今の世の中、色んな方面、各分野で医療は発展してきています。しかし産み分けに関しては比較的研究が進んでいない様にも感じるのです。何故ならば命を授かると言う尊い行為を人為的にコントロールしてはいけないと言う考えが有るからです。こうした考えから今後も急速な発展は期待出来ないかもしれません。これは産み分けを期待しているご夫婦にとっては衝撃的な事ですよね。世の中には色んな産み分け方法が有りますが絶対産み分けが出来ると言う方法は存在しません。産み分けを希望する中には、後継ぎ問題で男の子を産まなきゃならないと悩んでいる方、病気の遺伝を回避したいと言う考えの方等色んな思いで産み分けを望んでいると思います。こうした悩みを抱えているのであれば一度産婦人科に行って産み分けに関する指導をしてもらうと良いですよ。今まで悩んでいた事がスッと晴れるかもしれませんよ。

 

また特に何の問題も無いけれど産み分けをしたいと言う方の場合は深刻で無い方もいると思います。結局はどちらでも産まれたなら良いわと言う感じならば、自然な産み分け方法にチャレンジして無理が無い様にしましょう。産み分けは人間のエゴかもしれません。それでも産み分けがしたいと考えるならば問題点とかも充分考慮した上で取り組んでみてはいかがでしょうか?

病院で産み分けの指導を

赤ちゃんの産み分けをする為に産婦人科等の病院に行って指導を受ける事が有ります。実際に病院ではどんな流れで指導が行われるのか挙げてみたいと思います。

 

先ずは問診票への記入をします。出産経験が有る方は母子手帳を持っていくと良いでしょう。また婦人科系の病気になった事が有る方はその時の様子を聞かれると思いますので時期や症状等、分かる範囲でメモ書きしていくと良いでしょう。記入が終わったら医師と面談して問診されます。先程書いた問診票、持参した基礎体温表に添いながら色々と必要な事を質問されます。セックスに関しても聞かれると思いますので、正直に答えましょう。また不安に思っている事、質問したい事はこの時にしっかり聞いておきましょう。その上で納得出来ないなら止めても良いと思いますよ。

 

次は内診になります。身体の健康状態を調べます。子宮ガンや性感染症等ですね。そして膣、子宮、卵巣と調べたら最後に超音波を使用して排卵の確認をします。これで卵抱の大きさを調べて排卵日を予測する様になります。但し1回だと見極めにくいので数回調べてより正確な排卵日を特定させて行くようにしましょう。こうして排卵日が予測出来る様になったら、いよいよ性交渉をいつしたら良いか、どんな方法を使ったら良いかの指導が行われる様になります。これを妊娠出来るまで続けるのです。もちろんこれをしたから確実に産み分け出来るかと言うとそんな事は有りませんが、自分自身で産み分け法を試すよりは確率は高いんじゃないかと思います。