女の子の産み分け

女の子産み分け

男の子産み分け

 

X精子とY精子の寿命を考えてのタイミングでも有るそうなので女の子の産み分けを

女の子が欲しいから産み分けしたいと言う場合、男の子の産み分け方法を知る事から始めてみてはいかがでしょうか?

 

男の子を産み分ける時は男の子が出来やすい様な環境を作ってあげてチャレンジします。対して女の子を産み分ける時は男の子が出来にくい環境を作ってあげてチャレンジするのです。面白いですね。女の子を産み分ける時は女の子が出来やすい環境を作ってあげると言う感覚ではないのですね。

 

先ずは妊娠しにくい環境を作ります。これは最低限妊娠出来る環境でも有るのですが、そんな環境では男の子を作るY精子が生き残りにくいのでいなくなってしまうのを待ちます。そしていなくなった所で女の子が出来るX精子は強いので生き残っていると思いますのでその精子で妊娠させると言う考え方になります。こういう考え方で女の子の産み分けをする場合、元々妊娠しにくい環境を作っていますので妊娠自体しにくい事も頭に入れておきましょう。

 

こうした産み分け方法を1年以上実行していても妊娠さえしないのであれば一度止めて身体を自然な状態に戻す事も時には必要です。また女の子を産み分ける時にはタイミングも有ります。排卵日の2日前がベストの様です。排卵日2日前って予測しにくいと思いますし、排卵日じゃないので妊娠しにくいかもしれませんが、X精子とY精子の寿命を考えてのタイミングでも有るそうなので女の子の産み分けをしたいと思っている方は是非チャレンジしてみてください。

夫婦で守らなくてはならない事

夫婦二人の協力無しには産み分けは成功も実現もしません。産み分けをする場合は、夫婦揃って同じ目標を持っている事を自覚しなくてはいけないのです。そして片方だけが悩む様な事が無い様にしないといけません。そこで産み分けについて夫婦で守って欲しい事を挙げてみたいと思います。

 

先ずは目標を「産み分け」にするのではなくて「妊娠」を第一目標にする様にしましょう。こうしておかないと、希望の性別じゃない赤ちゃんが産まれた場合、喜べないし愛情も沸かないと言う事になる可能性も出てくるのです。これでは赤ちゃんが余りにも可哀そうです。ですから妊娠する事を目標として、出来ればそれにプラスして希望の性別だったら良いなと言う感覚で望んでください。次に今あなたは妊娠出来る身体でしょうか?

 

もし不妊に悩んでいるのであれば産み分け以前に不妊治療を行う様にして下さい。産み分けをすると妊娠するチャンスが激減します。不妊ならば更に妊娠する機会が減ってしまうのです。ですから不妊治療をして妊娠出来る状態を作り出す事が大切なのです。最後に夫婦揃って納得した上で産み分けをして下さい。産み分けをする際には性交渉のタイミングも制限されますし、体位も制限されます。道具を使う事も有ります。苦痛と感じる方もいるでしょう。そうした際にお互いが納得していれば支え合う事が出来ます。片方が納得していないと夫婦間に亀裂を生じさせる結果になる可能性も否定できません。夫婦2人が納得して行う事、それが産み分けなのです。

男の子の産み分けのコツ

男の子を産み分ける為には、精子の数が多い程確率が高くなると言われています。但し旦那さん側の体温が高いと精子が弱くなってしまったり、死んでしまったりします。その中でもX精子が生き残って妊娠した場合には女の子が産まれる確率が高くなる様です。旦那さんの体温が上がらない様にする為にはゆったりめの洋服を着る様にして体温が発散出来る様にしましょう。

 

またY精子が男の子を産み分ける為の大きな鍵となります。基本的にY精子はX精子と比較して元気が有るのですが、もっと元気にして男の子を産み分ける様にする為にはコーヒーが助けてくれるそうです。コーヒーにはカフェインが含まれていますよね。このカフェインが精子を元気にしてくれる働きをしているのは実証済みの様です。その昔女性の膣をコーヒーで洗浄して不妊治療をしていた事実も有るとか無いとか。もし男の子を産み分けたい場合、セックスをする30分位前に濃いめのコーヒーを飲む様にしてみてください。精子がカフェインで刺激されて男の子を授からせてくれるかもしれませんよ。コーヒーを飲むだけで男の子を産み分けられるとしたらとても簡単ですよね。絶対とは言い切れませんが是非試してみてください。この他にも男の子を産み分ける方法は色々言われています。中にはでたらめの情報も有ります。複数の方法を試してみると確率も上がります。男の子をどうしても産み分けたいのであればこうした方法もたくさん取り入れてみてはいかが
でしょうか。